千葉県「白浜イチゴ狩りセンター」で4種類のイチゴを食べまくり!で家族みんな大満足!

IMG 3595

茅ヶ崎から千葉へ遊びに行ったついでに、家族でいちご狩りをしてきたのよ。

ネットで調べてみたら房総半島にはいちご狩りができるところがたくさんあったんだけど、海沿いを走るので「白浜いちご狩りセンター」っていうところにしたのね。

ここすんげーよかったのよー!

房総半島の最南端にある海からすぐのイチゴ狩りセンター

▲ 南房総の海沿いを走るR410の一本内側、房総フラワーラインという道沿いにあります。

DSC06334

▲ ノボリがはためいているのですぐにわかると思うよ。

DSC06335

▲ 駐車場の奥に見える白いテントがイチゴちゃんのハウス

30分食べ放題って短くね?コスパは?

DSC06337

▲ イチゴ狩りの料金は大人1600円・小人1300円30分食べ放題4才から大人なので要注意。

結論から言うと、30分で充分です!

人はそんなに長いあいだイチゴを食べつづけられるようにはできていません!

コスパはねえ、もうそこはあなた次第ですよ。食べる人は信じられない量を食べるからね!

4種類のイチゴを食べ比べられるのが楽しい!

DSC06340

▲ イチゴばっかりそんなに食べられるか心配だったんだけど、こちらでは4種類のイチゴがあるので、食べ比べができるのです。

それぞれの品種の特徴が書かれているので、ここで知識を入れとくのも楽しむコツ。

ん?なんかおかしい?……

看板の表記が「ハスウ内の栽培品種」になってるんだよね(笑)。昔なつかしのVOWを思い出しちゃったよ。

おもしろいからお店の人には言わなかったよ。

おいしいイチゴの選び方・もぎ方

DSC06343

▲ おいしいイチゴはやっぱり全体が真っ赤に熟していること。

もぐときは下に引っぱらないで、茎をポキッと折るように曲げるとカンタンにできますよ。

予想以上に広いイチゴ畑!

IMG 3572

▲ ヘタを入れるためのナイロン袋とコンデンスミルクをもらってから、むわ〜んと生暖かいビニールハウスに入ると、なんだこれすんげー広い!

品種毎に分かれて栽培されてるんだけど、奥の方なんて見えないじゃないのよ。広い!アメリカ!?

IMG 3578

▲ おおおう!あたりまえだが、イチゴだらけやないか!イチゴイチゴイチゴ!一面のイチゴ!

こんだけイチゴのビジュアルと香りに囲まれてると、40歳ヒゲ面芋焼酎好きのおっさんもファンシーな気分になってくるわい。

IMG 3580

▲ うつくしい!イチゴってうつくしいんですねえ!

取り憑かれたようにイチゴをもぐ!食う!もぐ!食う!

IMG 3610

▲ さっそくひとつめのイチゴにチャレンジ

IMG 3611

▲「けっこうカンタンにとれるよ」

IMG 3616

▲ かぷっ……もぐもぐ……おおお、うまーい!アマーイ!

なんともなんとも、温室で育てられたまんまのイチゴは生ぬるいんだけど、やっぱり鮮度がハンパねー!

ちょうどいい歯ごたえでじゅわっと噛み切ると、口の中に広がる天然の甘さ!うんまいねーうんまいよー!

DSC06345

▲ 小学生の娘もコンデンスミルクにつけてバクバク食べてます。

品種によって味が全然違うので、4度おいしい!

甘くてやわらかいプリンセス「章姫(あきひめ)」

IMG 3589

糖度が高くてとにかく甘ーい!のが章姫ちゃん。

ほろりとやわからいので、女性や子どもたちに人気がありそう。

シャリッとほどよい食感がたまらない「さちのか」

IMG 3586

章姫の食感がやわらかめなのに対して、シャリッと噛む感覚が気持ちいいのがさちのか。

もちろん糖度もあるので甘くておいしい!

新鮮なリンゴが好きなオレはさちのかオシ、食感が悪くなったボケリンゴが好きなママちゃんは章姫が好きだって言ってたよ。

章姫とさちのかのいいとこ取り竜さんイチオシ「紅ほっぺ」

IMG 3587

章姫の甘さとさちのかのシャリッとした絶妙な食感を受け継ぎながら、ほどよい酸味があるのが紅ほっぺ。

良いところを掛け合わせてつくったハイブリッドなやつで、オレはこれがいちばんおいしかったなあ。

もう気持ち悪くなるまで食べたよ(笑)。

デカくてジューシー!香り高い「かおり野」

IMG 3582

身がデカくてテンション上がるのがこれ。

ジューシーな分、糖度や酸味はちょっと薄い気がしたけど、名前の通り芳醇な香りにほっこりする大人のイチゴちゃん。

こんだけイチゴを食べるって体験はないよね

DSC06347

いやあ、それにしても食べましたよ死ぬほど。

数えてなかったけど、30個くらい食べたんじゃないかな?

ママちゃんなんてヘタを入れるナイロン袋がいっぱいになってたから、70個くらい食べたのかなあ(笑)。

元を取ってやろうという貧乏根性もないわけじゃないけど、それにしてもこんだけのイチゴを食べまくっていいというのは、人生でないですよね。

無数のイチゴに囲まれるっていうのは非現実ですよ。旅とかイベントってこうありたいですよ。

とにかく「イチゴ食べ放題」っていう言葉は、もうその語感だけで人びとを興奮させるものがあります。

世のお父さんたちは焼鳥食ってビールでも飲んでたいかもしれないけど、奥さんやチビたちは想像以上に喜ぶと思うので、ドライブがてら行ってみるといいですよ。

ちなみにうちのママちゃんは興奮して数分時間をオーバーしてましたごめんなさい!

オレは食べ過ぎて気持ち悪くなったので、おじさんは要注意(笑)。

⇒ 白浜いちご狩りセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です