クール&スタイリッシュ!あまりにもカッコよすぎる大人のルパン三世シリーズ『峰不二子という女』がhuluに登場。

DropShadow ~ スクリーンショット 2013 12 01 10 30 44

ルパン世代の@RyuNagayamaですこんばんみ。

ルパン三世といえば、テレビや映画で見かける赤いジャケットとコミカルなキャラクターが有名だけど、モンキー・パンチの原作コミックを読んで、そのダークでクールな世界観に驚いた人も多いでしょう。

2012年に深夜枠で放映した27年ぶりの連続アニメシリーズ『LUPIN the third 峰不二子という女』は、そんな原作の世界観を忠実に描いた、大人こそが愉しめる超クールな作品に仕上がっています。

まずはこのプロモーションムービーを観てもらえれば、雰囲気だけでもつかみ取ってもらえるかも知れない。

タイトルどおり主人公は峰不二子。ルパンや次元、五右衛門、銭形警部などのお馴染みのキャラクターたちがまだ若い頃の物語だ。原作にあるように、峰不二子をはじめ次元や五右衛門はルパンの仲間ではなく敵対するライバルであり、銭形警部もテレビのように三枚目ではなく、クールな敏腕刑事として描かれている。

そこにいるのは僕らが知っているルパン三世ではない。ルパンは盗みにスリルだけを求めるクールな怪盗で、シニカルな皮肉を口にすることはあっても、軽い冗談を言ったりはしない。もちろん銭形とじゃれ合うようなこともない。

DropShadow ~ lupin

ルパンと次元以外の声優が刷新されていることもあって、まったく新しいルパン三世に出会うことができる。特に峰不二子の若々しくも艶のある声と銭形の重厚な響きは新鮮で、妙に心地よい。男の声にうっとりしてしまうとき、蓋を開ければたいてい山寺宏一さんの名が出てきて納得してしまうのだが、銭形も例外ではなかった。

哲学的な言葉の断片が散りばめられた物語だけでなく、スタイリッシュな作画やジャジーな音楽、次々と繰り出される映像的演出にも圧倒され、僕は思わず唸ってしまう。

コナン君と戦う善良なルパンも悪くないが、大人には大人のルパンがある。男には自分の世界があるように。たとえるなら空を駆ける一筋の流れ星。

DropShadow ~ fujikomine1

己の欲望だけを信じ、思いきり女を武器にして、アルセーヌ・ルパンの血を引く世紀の大泥棒すら足蹴にする峰不二子には、少女期に刻まれたトラウマと深い闇が巣くっているらしい。

まだ全話を観ていないのだが、シリーズの最終章では、峰不二子という女のことがすこしは理解できるのかもしれない。

▶ LUPIN the Third 峰不二子という女 | Hulu.