日刊・週刊

[ 日刊CL*9 ]ウォーキング・デッドのリックがクリスマスの晩に人の嫁に告白してたので泣いた!2013/12/25

Love actually where are they now ftr 1024x640

このブログでも何度も書いているように、僕は『ラブ・アクチュアリー』という映画が大好きで、これまでに何度も観ている。

舞台はクリスマスのロンドン。19人の平凡な男女が特別に輝く人生の一瞬を描いた、群像ラブストーリーだ。

 

9つの素敵なストーリーが入り組んだ中で、僕がいちばん好きなのは画家のマークのお話だ。

マークは親友のピーターの結婚式で素敵なサプライズを演出するのだが、新婦のジュリエットにはいつもよそよそしく接するので、ジュリエットはマークに嫌われているのではないかと心配してしまう。

La2

だけどじつは、マークはジュリエットに恋心を抱いていて、クリスマスの晩に、スケッチブックに用意した言葉で、一夜限りの愛の告白をする。

愛する心を抑えきれず、それでも親友との友情を大切にする男の、まぶしくも切ない一瞬を切りとった名シーン。

なんつって観ていたら、どっかで見たことあるじゃないのマークったら!

ってこれ、『ウォーキング・デッド』のリックじゃないの!

ウォーカー(ゾンビ)から仲間たちを守るみんなのリーダー、頼もしき街の保安官リックが、こんなところで人の嫁に告白してるとは!

なんて、同じ俳優が出てただけの話なんだけど、どちらの作品も好きで何度も観ているので、まさか同じ役者さんだとは思わなくてびっくりしちゃったわけです。

そんでもって確認しようとYouTubeで探してみたら、うわーすっげー泣けるわー!2分ちょっとなのでぜひ観てみてください!最後のマークの「Enough」って台詞が泣かせるワー!

ウォーキング・デッドでは親友に嫁を寝取られたリックでしたが、こっちでは親友の嫁に告白してたんですね。ってことでメリークリスマス!CIAO!

 

今日の更新記事

こんなアプリ待ってた!写真を本物の水彩画のように加工できる『Waterlogue』 #waterlogue | CLOCK LIFE*


最近このブログでもよく使っている絵画調の写真は、このアプリで加工したもの。記事にも書いたように、子どもや家の写真とか、プライバシーを護りたいときにも、このアプリで加工すれば雰囲気だけは伝えられるので、ブログとかSNSとかに便利。綺麗だしね。

Waterlogue
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル

今日の茅ヶ崎の海

1483711 591575804229270 107237533 n

早朝は海に出るまでが寒いんだけど、冬でもお日様を浴びるとあったかいんだよね。遠く左側に江ノ島、右のほうの光の道の左に小さくエボシ岩が見えるのわかるかな?

今日気になった記事

クリスマスなのに血尿出して病院直行したヤツwwwww | 読書家社長の朝活ソーシャリアル


ブロガーズフェスティバル2013でご一緒した、読書家社長こと小川さんが、僕の『一日の終わりに幸せをくれる「ありがとうの石」という習慣』という記事を紹介してくれました。まさか血尿体験の話に出てくるとは思いませんでしたが、ともあれお大事になすってください。

今日の睡眠

1522195 591511347569049 1896690544 n

睡眠の波形は悪くないけど、ひさしぶりに悪夢を見て夜中に目が覚めた。なんかストレスフルなことあったかな?

海外ドラマ『ウォーキング・デッド』が僕らを惹きつける7つの理由 | CLOCK LIFE*


関連記事

  1. コラム/エッセイ

    無味無臭の記事より、ちょっと匂うくらいのうんこのほうがいい。[ 日刊CL*88 ] 2014/04/…

    ブログに書いて「アウトプット」したらそれでいいの? | 明日やります…

  2. 日刊・週刊

    週末には書を捨て、町へ出るよ。[ 日刊CL*82 ] 2014/03/29

    待ちに待った週末。会社で働きながら…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. デジタルツール/Webサービス

    プラグインはもういらない!超簡単にブログにソーシャルボタンを設置できる『忍者おま…
  2. ファミリー

    街中リサとガスパールだらけ!富士急ハイランド「リサとガスパールタウン」は絵本に出…
  3. Apple/Mac

    【はじめてのブログ】二進法の林檎(デジタルと海の狭間に…)。
  4. コラム/エッセイ

    ハイテク墓前に吹く風は、お義父さんからの最後のプレゼント。
  5. コラム/エッセイ

    「今日という日は二度と来ない」んだったら、自分を喜ばせないと神さまに怒られっぞ!…
PAGE TOP