ライフハック

[ 日刊CL*47 ] 週次レビューにワクワクするのは、日常が充実している証し。2014/02/01

IMG 3282

土曜日の午前中は、まるまる週次レビューに使っている。

今年は、毎日の心技体の状態からブログの記事ごとのアクセスや収益、やったことや感じたこと、その日のアイデアメモにいたるまで、すべてを取りこぼさないように、時間をかけて一週間を振り返っている。

金曜の晩のお酒が少しだけ残った頭で、週次レビューをはじめる瞬間がたまらなくわくわくするのは、日常が充実しているからだろう。

 

 

週次レビューのポイントは、一週間の計画の進捗を確認することだけでなく、自分の心技体の状態を把握することだと思っている。

先週は、いつもなら疲れ気味の月曜日から、心身ともに好調なスタートを切れたのだが、水曜日あたりから息切れしてしまい、会社業務も家でのワークも集中力が切れてしまった。

ストレスが蓄積していくのが目に見えるように感じられて、心も雨漏り直前。身体は健康ではあるのだが、疲れているので積極性が生まれない。

「心」と「体」が滞りはじめたものの、「技」であるルーチンワークの調整で、どうにか一週間を走り抜けることはできた。完璧ではないにしても。

この「結果を出せたか?」だけでなく、「どのように結果を出したのか?」「反省点や改善点はないか?」ということが把握できてこそ、週次レビューの意味がある。という当たり前のことを、ようやく実感として手に入れる事ができた気がする。

来週から改善すべきこと、やるべきことが多いというのは、言い換えれば現時点では問題点が多いということに他ならないのだけれど、それを把握して、成長していける、と思えることほど、嬉しいこともまた、ない。

濃密な週次レビューからの、希望に満ちた週次スタート。

週末にこういう習慣を持つと、せっかくの休日の半日が潰れてしまったとしても、日常の輝きが変わってくる。

昨年までは、週次や月次などのレビューがだんだんおろそかになって、義務のようにイヤイヤやることが多く、わくわくすることなんてまったくなかった。

今年は、自分の状態を把握する一つのバロメーターとしても、週次レビューにわくわくできるかどうかに注目していきたい。

さてと、今日はひさしぶりに家族で電車に乗っておでかけしてくるよ。よい週末を♫チャオ!

2014年2月1日午前10時00分。独り書斎にて。桜木町のバビーズでチェリーパイを食べる予定だったんだけどまさかの閉店だからどこ行こうかな、なんて思いながら。

2014年に飛躍したい人限定!一年を走り抜けるために心技体のバランスをキープする方法。 | CLOCK LIFE*



【閉店】桜木町の「バビーズ横浜」にて絶品チェリーパイとアヴォカドチーズバーガーとパンケーキに舌鼓を打つっ! | CLOCK LIFE*

関連記事

  1. 日刊・週刊

    [ 日刊CL*15 ] I am a Blogger. ブログを心から愛せるようになった一年。 2…

    「この人は、本当にブログが好きなんだなあ」『あかめ女子…

  2. ライフハック

    ランニング初心者がハートレートモニタを使うべき3つの理由☆

    僕はおよそ一年前にランニングをはじめて、6kg減量することがで…

  3. ライフハック

    身体鍛えるだけじゃない!オレがスポーツクラブに入会した6つの理由。

    この前スポーツクラブに入会したのね。人生ではじめてよ。…

  4. 日刊・週刊

    [ 日刊CL*39 ] 今日は今年に入って四回目の金曜日。2014/01/24

    今日は今年に入って四回目の金曜日だ。正月のロケットスタートが落ち着…

  5. ライフハック

    仕事が変わって日常が崩れてきたので、生活を見直してみた。

    社内で配属転換があって、先月から電話応対や配車、事務作業などの…

  6. ライフハック

    捨てるだけが断捨離じゃない。死んでいた本たちに、命を吹きこむ喜び。

    夏のあいだは海だキャンプだと遊びに忙しいので、つい家の管理がお…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    不幸なホームレスたちは、常に自分の都合だけを考えていた。
  2. こころハック

    映画『インセプション』に見る心の鎖<トラウマ>の奥深さ
  3. こころハック

    みんなが僕の魅力を教えてくれる奇跡みたいな体験にウハウハ!/「野望の会」レポ
  4. キャンプ/アウトドア

    超軽量コンパクト『Helinox チェアワン』のクールすぎるタイガーストライプ迷…
  5. コラム/エッセイ

    休日の午後にやるべきことはひとつしかない。
PAGE TOP