若く馬鹿だった両津やあの頃の自分に会える。『こち亀』100冊が無料で10月18日16時まで。

Kochikame

「少年ジャンプ+」

スマホやパソコンで「こち亀」100冊が無料で読めるというので試してみた。

「少年ジャンプ+」では、100万ダウンロードを記念して、100時間限定100冊無料というキャンペーンを行っている。期間は10月18日(土) 16時まで。登録などの必要はない。ブラウザでWebサイトへいくか専用アプリで読める。

「こち亀」がまだ連載中だとは驚きだ。今日現在で192巻出ているという。

僕が、かつて多くの子どもたちがそうであったように、コロコロコミックから少年ジャンプへと大人の階段をひとつ上がった頃から、こち亀はもうそこにあって、両さんは今よりもっと危険な香りをさせて暴れていた。

かつては中川もまだ若く尖っていて、派出所でダーティ・ハリーよろしく44マグナムをぶっ放したりしていた。麗子や本田、大原部長ですら、あの頃は馬鹿をやっていたのだ。僕があいかわらず馬鹿だってしょうがないだろう。

交番
交番 / merec0

こち亀はその長い歴史の中で、移り変わっていく時代を描いてきた。4年毎のオリンピックイヤーにしか目を覚まさない日暮だけでなく、いたるところにその時代の足跡が見てとれる。

あの頃僕は、どこで誰と何をしていただろうか。何に夢中になって何に涙していたのか。100巻にもおよぶ長い歴史を読み返せば、自らの半生を思い返して、目頭が熱くなるかもしれない。

パソコンはもちろん、スマホのブラウザやアプリでも読めるので、通勤通学の途中に読むもよし、金曜日の夜に一気に全巻読破するのもありだろう。

少年ジャンプ+ ジャンプの漫画が無料で読めるマンガ雑誌アプリ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です