ハロウィンの夜に聴きたい「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の名曲

nightmare-before-xmas1

我が家の子どもたちは、ヒマさえあれば「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」という映画ばかり見ている。

怖くないのかと訊くと、ぜんぜんと首を振って画面から目を離さない。

映像や音楽は不気味だが、この映画を観るとディズニーランドに行っているような気分になれるらしい。

ハロウィン・タウンのキング、ジャック・スケリントンは、初めて見るクリスマス・タウンの美しさに心を奪われ、サンタクロースを誘拐してしまう。

自分のすぐそばにある大切なものを見失って、他人のものをうらやんでしまう哀しい男の物語だ。

たしかにきらびやかなホワイトクリスマスに比べて、ハロウィンは暗くて不気味だが、それでもこのお祭には妙な明るさがある。

初めてこの映画を観た頃から、僕もずいぶんおっさんになってしまったが、この映画のハロウィンソングを聴くと、今でも心がゆらりと動き、にやりとしてしまう。窮屈な現実を小馬鹿にしたような気分になる。

歳をとると、ディズニーランドへ行かなくても現実を忘れられるのだ。

日本語のほうがコミカルで楽しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です