コラム/エッセイ

ランニングをしたくない冬の朝、一時間後の自分を想像してみる。

IMG 7367

今日はランニングをしたくないなあ、という寒い朝、僕は一時間後の自分を想像することにしている。

走らなかった自分はきっと、一時間後にも、昨日の失敗と少しの酒を引きずって、もやもやした気持ちと重い身体をもてあましている。

走った自分はきっと、全身に血がめぐって躍動した肉体に、晴れやかな心で一日を始めている。

そんなことを考えながらウェアに着替えて、身震いしながら凍える大地を蹴って走りだす。

そういう朝に限って、息を呑むような景色が目に飛びこんでくる。夜と朝のあいだ。過ぎ去った過去と新しい一日の境界線。

明日も僕は、きっと同じように走りだせると思う。

関連記事

  1. グルメ

    ビーフステーキのバター醤油ソース、ごめんねを隠し味に。

    僕は親父と話すときには敬語を使う。幼い頃にそうしろと言…

  2. コラム/エッセイ

    書きたい書きたい書きたい書きたい、書けよ(笑)!

    「ブログが書きたいブログが書きたいブログが書きたいブログが書きたい!」…

  3. コラム/エッセイ

    神さまがくれた仔猫(と奇跡のからくり)

    ある日家に帰ったら、仔猫がいました。僕は、神さまがくれ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


カテゴリー

月別の過去記事

  1. 映画

    北野武最新作『龍三と七人の子分たち』は怖いものなしのジジイが最高。
  2. コラム/エッセイ

    人は遠景を見ると癒される。__ジオラマのあるショットバー
  3. ライフハック

    運転しながらWebチェック。Pocketの記事を流暢な日本語で読みあげてくれる『…
  4. イベント

    出会いより大きいものなんてないんじゃないかって。 #dpub11
  5. キャンプ/アウトドア

    【キャンプレポ2011夏】木洩れ日落ちる森に広がる本物の自然!キャンプデビューが…
PAGE TOP