二日酔いで死にそうって、それホントに本当?

IMG 1586

以前ほどではないにしろ、まだたまにやっちゃいます、バカ飲み。

朝起きて、すんげー気持ち悪くて「あー昨日は熊の宴会やっちまったのかー」って後悔して、朝からどん兵衛を食べて胃薬を飲むというロクデナシパターン。

ガンガン痛む頭をどうにか支えながら、激しい後悔に襲われる。

「うわー気持ち悪ーい、今日はもうダメだー、こういうときはメンタルも落ちるから何もできないー、死ぬー、一日が無駄になるー、ぐぬぬぬぬぬー」って。

でも最近思ったの。「それ、本当?」って。

たしかに二日酔いで気持ち悪いけど、本当に何もできない?一日が無駄になる?

気持ち悪いながらも、朝の日課をこなして、洗濯物を干して、仕事に手をつけると、あれ?けっこう大丈夫?

二日酔いのせいで適度に脱力しているせいか、いつもより思考が幅広く、逆にいい仕事ができたりしてる。気づいたら何時間も集中してたりする。

あれ?まだちょっと気分はすぐれないけど、なんだかんだできてんじゃん。けっこう楽しいじゃん(笑)

たぶん、毎日のようにバカ飲みしていた若い頃の「飲みすぎたら翌日は死ぬ」という「思いこみ」だけが、まだ残ってたんでしょうね。

自分は幸せじゃないとか、苦しいとか、悩んでるとか、もうダメだとか、まあ生きてるといろいろ思うことあるけど、それ、ホントに本当?

▶ そうだ、竜さんに話してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です