今年の目標はたくさん失敗すること

IMG 2322

基本的には「無目標」で、流れに身をまかせて、思いついたらすぐに動くノリを大事にしていきたい、というのがボクの人生のスタイルなんだけど、今年の抱負というのもいちおうあります。

今年のテーマは「正解よりスピード」です。

たくさん失敗して、たくさん成功しましょう、です。

何をやったらうまくいくだろうとか

自分には何が合ってるんだろうとか

ボクの天命は何だろうとか

足りない頭でアレコレ悩むより、バンバン動いてバンバン転んでいきましょう、と。

ウジウジと正解を模索して悩んで10のことをやるなら、パッパと決断して動いて100のことをやる。

転んで膝小僧を擦りむきながら生きていくの。

ホリエモンだって「とにかく行動するしかない」って言ってる。

僕はそもそも「やり方」なんてものはなくて、すべてが「トライアンドエラー」なのだと思っている。

ビジネスで成功するためには、思いつく限りのことを次々とやってみるしかない。

僕もビジネスとして小さなアイデアを次々に試し、うまくいくものだけを残すようにしていた。「トライアンドエラー」の繰り返しの上、いくつかの事業が当たった。

結局、やり方とかセンスではなく「トライアンドエラーをどれだけ続けるか」ということだと思うのだ。

__『本音で生きる 一秒も後悔しない生き方』堀江貴文より

ボクね、昨年心がパッカーンと開いて、人生が180度ひっくり返ったんだけど、それってただ、スタート地点に立てただけだと思ってるんです。

ボクは39年間、ひたすら迷って、人に叱られない正解だけを求めて、失敗を極度に恐れて、ビクビクしながら生きてきた。

でも今は、何やってもいい、失敗してもいい、笑われても、嫌われても、傷ついても大丈夫ってわかったから、やっと走り出せる。

ネイティブアメリカンのある部族では、世界は一冊の本だって考えられてたんだって。

過去→現在→未来という時の流れがあるんじゃなくて、もう世界のすべては本に書かれている。つまり人生でこれから起こることはもう決まってるの。過去も現在も未来もどのページを開くかでしかない。予言者は未来のページを開くことができただけだという考えで、仏教にも似た思想がある。

ってことはだよ、もうこれから未来に起こることもすべて決まってるんだったら、「迷う」必要なんてないんです。

迷っても迷わなくても、やってもやらなくても、ボクの力が及ばないところですでに決まってるんだったら、もうやるしかないじゃん。

ということで、今年は「迷わない」。

「できるかな〜」じゃなくて、「やる!」。そんだけ〜。

▶竜さん相談受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です