会社を辞めたいという人の本当の問題

コンサルとかでも、会社を辞めたいとか、仕事がイヤだ・悩んでるっていう人と話してると、だいたいにおいて本当の悩みは仕事や職場じゃないんだよね。そういう人すごく多い。

「パワハラ上司や会社のやり方がおかしい」
「やりがいがなくなって苦しい」
「一生懸命やってるのに給料に反映されない」

とかいろいろ不満が出るけど、じつはその不満の根っこって「家庭」にあったりするんですね。あるいは恋人とかの近しい人間関係。

本当の悩みは「奥さんや子どもたちとうまくいってない(心が通い合えていない・弱みをさらけ出せない)」というものなのに、そこに向きあえないから、仕事に逃げちゃってる。

お互いにすべてを打ち明けられる夫婦だったら、パワハラ上司のいる会社や、やり甲斐のない仕事、一生懸命やってるのに給料に反映されない仕事なんかやめちゃえばいい。

家族で一致団結して力を合わせて、楽しくてやり甲斐が持ててお金をたくさんもらえる仕事を探せばいい。怖かったらすでにそうやって生きてる人に相談すればいい。その間生きていくためのお金を誰かに借りればいい。

不安とか不満ってダミーばっかり。自分で自分を騙して、別のところにフォーカスしても、問題は解決しないよね。

ボクも以前、家の中が散らかってるとすんげーイライラして、でもママちゃんとか子どもたちも忙しいから、プリプリして掃除したりしてたのね。

でも今考えるとあれって、自分の仕事に対する不安や怖さを「家が汚い」っていう出口からブリっと出しちゃってだけなんです。

「家が汚いのに誰も掃除しない」っていう「イライラする理由」を自分で見つけてきて、「よっしゃー不安と不満を噴出させられるー!」ってなって、でもけっきょく言えないから自分で掃除して、余計にイライラするというアホなパティーン!

本当は根っこに何があるのか「じっくり考える」と、案外楽ちんになるかもよ。

「好きなことだけして生きていく」ための情報やメッセージをお知らせするLINE@はこちらー!
https://line.me/ti/p/%40zgy4263y

Photo 1453668069544 b8dbea7a0477