器が小さくて女々しくてガキみたいな親父のほうがイイのだ!

 

「さあ、今日も元気に仕事をしよう!」

っつって、書斎のワークチェアに座ったら、背もたれがリクライニングしないじゃないのよ!

考えごとをしたり、書類を読んだりするときに、ちょっと背もたれを傾けてリフレッシュするのが、このお気に入りのワークチェアの良いところなのにキーーーーー!

 

ということで、朝からモヤモヤです。

原因はわかってるの。子どもたちがこのイスでテレビ見たり遊んだりしてるうちに、壊れちゃったんだよね。前にもあったよ。

でもなんかもう、朝だってこともあったんだろうけど、自分でも驚くくらいにイライラ、モヤモヤするんです。子どもたちを怒鳴りつけたいくらい!

でもね、この日はこう考えてみることにしたの。

「イスくらいでぐちぐち言ってる女々しい僕でイイ!」

「そんな小さなことでモヤモヤしてる僕でイイ!」

「器の小さい男でイイ!」

「ガキみたいな親父でイイ!」

そしたら、嘘みたいにスーッと心が晴れてきた。

「まったくしょうがねえなあ、かわいいやつらめ」

くらいに思えるようになっちゃった。

これ以前の僕だったら、

「パパの大事なワークチェアに、なんてコトしてくれたんだ!」

「こんな小さなことでイライラしているなんて、僕はなんてダメな奴なんだろう」

って、無意識に思って、無理やりポジティブになろうとして、なれなくて、イライラがおさまらなくて、モヤモヤが消えなくて、その後の仕事もうまく運ばなくて、どえらいストレス溜めてたと思う。

でもね、イイんです!

どんな自分だって、イイんです!

それを、心屋さんの講演会でもらってきた。

でもさ、それでもイライラが消えないときってありますよね。

そういうときは、ちゃんと相手に言う。ちゃんと気持ちを伝えてもイイんです!

ただし、親からの指示とか命令とかじゃなくて、自分の感情を伝える。

「パパがお仕事に使ってる大事なイスなんだから、勝手に使っちゃダメだぞ!これからは絶対に座るなよ!」

と正論で責めるのではなくて、

「パパのイス壊れちゃったから、すげー使いにくいんだぞー!あのイスで本読んだりお昼寝したりするの好きだったんだからもーー!」

って、親としてカッコつけないで、自分の感情だけを伝える。座るな、とは言わない。

そしたら子どもたちは、なんの縛りもねじれも受け取らずに、「ごめんね」って思うから。

次からは気をつけようって、前向きに「勝手に」考えてくれるから。

家族がみんな笑ってるから。

これで、いいのだ。

▶連絡先:りゅう