あなたはきっと「私なんてちっともがんばってない」と言う。

Man 742766 1280

もし僕が

「がんばるのやめませんか?」

と言ったら、あなたはきっと

「私なんて、ぜんぜんがんばってないですよ!」

って言います。

この1ヶ月くらいで数人の方とお話をして、実際に僕がそう言ったところ、ものの見事に全員がそう応えたんです。

しかもかなりのオーバーアクションで、手を横に振りながら、

「いやいやいやいやいやいや、僕なんて何にもがんばってないんですよ!もうダメダメっす!」

とか

「わたしなんっっっっっにもがんばってないの!みんながんばってるのに、わたし何もしてないの!」

とか、かなり全力で否定するんです。

あるいは僕が「ムリしないでね」と言うと、

「無理なんてしたことないよ!無理って何よ?」

と、とても不思議そうに言われます。

そのお気持ち、すんげーよくわかります!

僕もまったく同じことを思っていましたから。

僕は昨年まで、朝四時に起きて、ブログを書いて、ランニングをして、家事をやって、会社へ行って、昼休みも作業して、帰宅して夕飯を作って、子どもの世話をして、夜の勉強をして、倒れるように眠る、という生活を必死にがんばりながら、心の中では

「僕なんかちっっっっっともがんばってない!まだまだぜんっぜんダメ!」

と思っていましたもの。

その根底にあるのは、

「自分みたいなもんは、死にものぐるいでがんばらないと成功しない!ダメなんだ!」

という思いこみです。

でも何度も言うけれど、「がんばらなくていい」のではなくて「がんばっちゃダメ」なんです。

がんばるから、あなたの能力の半分も発揮できないんです。

がんばるから、必要のない情報や哀しみが邪魔をして、うまくいくこともうまくいかないんです。

がんばるのをやめた途端、いろんなことがうまくいくようになります。

まわりの人にも笑顔が増えます。

勝手にうまくいくんです。

信じられないでしょう?

ウソみたいでしょう?

でも本当なんです。

そういう体験があったという方は、ぜひ教えてください。そしてそういう体験がしたいという人も、ご連絡ください。

ドアはいつでも開いていますよ。

▶連絡先:りゅう