頭脳労働者(デスクワーカー)の「休息」は運動である。

Jog 1119328 960 720

肉体労働者にとっての「休む」は、文字通り体を横たえて休息を取ることだけど、主にパソコン使って頭動かしてるデスクワーカー(頭脳労働者)は、それじゃダメなんだって。休息になってないんだって。

休むとは「逆をやる」こと

「休む=座る・横になる・ゴロゴロする」って思いがちだけど、休むっていうのは、長い時間保っていた状態の「逆をやる」ってこと

  • 筋肉を動かして労働していたら、動きを止めて筋肉をゆるませることで休める。
  • 頭を動かして身体をイスに固定して労働していたら、動きを作って固まった身体をゆるませることで休める。

どっちにしろ「ゆるむ」ことなんだけど、やり方が違うんだね。

たしかにパソコンに向かってバキバキ書き物をした後、ソファでのんびりしてもリフレッシュされないけど、洗濯物干したり家事をやって身体を動かすと頭がスッキリして仕事がはかどるもんな。

エクササイズは「休息」だった。

デスクワーカーの人たちがランニングとかするのは、単純に健康のためにやってると思ってたけど、それってけっきょく「休息」を取ってるってことなんだね。

「バリバリ仕事した上でエクササイズするとかストイックすぎじゃね?」

ではなくて、

「バリバリ仕事するからこそエクササイズすると疲れがとれる」

ってことなんだねーそうかーそうかー!

会社やめて自由になってから体力が落ちたなーって思ってたんだけど、体力というよりしっかり休めてなかったのかもしれないね。

僕の場合、仕事もゆるゆる、遊びもゆるゆる、人間関係もゆるゆるになってるから、「逆に」心や体をビシッと動かすことが「休息になる」ってことか。

ふだん仕事や人間関係をきちっとこなしてる人は、海辺でリラックスして休んでくださいな。

人生も「しんどくなったら逆をやる」

これ毎日の仕事と休息の話だけじゃないよね。

「しんどくなる」っていうのはバランスを崩してるっていうサインだから、その「逆」を考えてみるといいかもよ。

シンプルなことだけど、ふだんバリバリ仕事してる人は遊んでみる。ふだん遊びまくってる人は仕事してみる。子育てや家庭に追われてる人は一人の時間を作ってみる、とかね。

心屋さんも「イヤなことがんばってないんですけどうまくいきません」っていう人に、「おまえはがんばれ」みたいなこと言ってたもんな(笑)。

僕も最近、海で遊んで映画見て酒飲んでゴロゴロ好きなことばっかやるのに飽きてきたから、ここらへんでぐいっと「逆」をやるフェーズかなって気がしてる。

がんばってる人はがんばらない。がんばってない人はがんばる。そしたら疲れもとれて楽しくなるよきっと。じゃーにー!

「好きなことだけして生きていく」ためのヒントをお届けするLINE@はこちら。⇒https://line.me/ti/p/%40zgy4263y