R0021015

家人の忙しいスケジュールの合間を縫って、二人で街へくりだした。

R0021053

茅ヶ崎でいちばんうまいという噂の鮨屋で、昼からビールをやる。

R0021028

なるほど。赤酢のシャリが、これは絶妙だ。もちろんネタも抜群だ。

ポケットからGRを取りだして、ひかえめにそっと一枚、撮る。

R0021042  1

ワサビの量がほどよく、すべてがほどよい。

R0021046  1

店内はすっきりと洗練されている。空間もちょうどいい。立地もいい。

R0021033

女将さんとローリング・ストーンズの指輪の話をして、再訪の約束を交わした。

電車で二つとなりの駅まで出て、古着屋をまわる。

オートバイに乗るときでも裾が上がりすぎず、ちょうどよく傷んだ501を手に入れた。

さんざん迷ったあげく、着るかどうかわからないくたびれたTシャツを買った。

R0021055

昼からやってる居酒屋で蛤を焼き、街を歩き、英国風のパブでフィッシュアンドチップスをギネスで流しこみ、街を歩き、すこし休んでから、家路につく。

子どもたちと猫としばらく遊んでから、また二人でワインをやる。

セブンイレブンの冷やおろしうどんを啜る。

やがていつの間にか、夜が終わり、朝がきている。

寝ぼけた頭で、GRの写真をMacに取りこむと、昨日の断片がいくつも、そこにあった。

なんだ……。一日中、酒を飲んでいただけじゃないか、と苦笑する。

もはや無意識に、いつの間にかシャッターを切っているから、なんでもない自然な日常が切り取られている。

iPhoneでも一眼レフでもない、野暮なシャッター音とは無縁のGR。

無色の存在感だからこそ、成せる技なのだろう。

created by Rinker
¥110,454 (2019/07/19 12:18:11時点 楽天市場調べ-詳細)