R0025225

AirPodsがあまりにもスポスポ耳から抜け落ちるもんで、PowerBeats Proを買った。

いいよ。なにせカッコいい。アイボリーがまたいい。

created by Rinker
beats by dr.dre
¥21,821 (2019/12/09 08:27:50時点 Amazon調べ-詳細)

Appleはあえて言葉にしないけど、AirPodsの最大のウリは、身につけていることを忘れてしまえるということと、音楽を日常のBGMにしたこと。

音質なんてはじめから二の次で、あえて遮音性も低くすることで、暮らしのバックに音楽を流すためのイヤホンでしょ。

でも、ボクは耳の穴がデカいらしくて、特に左耳なんかゆるゆるで、落っこっちゃわないかヒヤヒヤするからさ。

〈装着しているのを忘れてしまうイヤホン〉ってのがアレの基本思想でしょうに……、ボクには合わなかった。

そこで、PowerBeats Pro。同じAppleファミリーで、AirPodsの上位互換であり、エクササイズ用だからアクティブに使えて、あとはBeatsというファッションアイテムとして。やっぱ見た目は大事。

何より欲しかったのは、イヤーフック。

音質はハナから期待してなかったんだけども、でもでも、ビックカメラでSONYのWF-1000XM3と聴き比べしたら、正直躊躇した。

ぜんぜん違うんだもの。

WF-1000XM3って、SONYにしてはあんまりいい音じゃないみたいに聞いてたんだけど、PowerBeats Proに比べたらやっぱりぜんぜんいいわけ。

うるさい電器店内で、ノイキャンの効果もあったのかな。リアム・ギャラガーのねちっこい歌声や、リバーブの効いたノエルのギターが断然気持ちいい。シャアンペンスウプァノオヴァアアアアて。

でも、ビックカメラのおにいさんとああだこうだ言いながら吟味して、結局出発点である〈機動性〉と〈イヤーフック〉に戻って、PowerBeatsにした。

WF-1000XM3の音質とノイキャンも魅力的だったし、イヤーフックはないもののしっかり耳にハマる安心感もあったけど、色とかデザインがエレガントすぎて、ちょっとキャラが違うなと。

PowerBeatsはやっぱ安心のデカいイヤーフックとポップなデザイン、耐汗防沫仕様で多少の水には強いってのもよかったね。

レブロン・ジェームズなんかのNBAプレーヤーが練習中に着けてたのもクールだったし。

デカすぎると噂のバッテリーケースはたしかにデカい笑。パカッと開けてプロポーズしたくなるわ。

そんで、付属のイヤーピースをいちばん大きなのに換えたらけっこういい音鳴るんで、いっそのことって、コンプライのイヤーピース買ってみたら、なかなかいいのねこれが。

ああ、やっぱコンプライいいわあ、って思って、メインで使ってるSONY MDR-EX1000にもコンプライ付けたら、これがもう最高で、こっちばっか使ってるわい笑。

R0025248

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥69,800 (2019/12/09 11:05:25時点 Amazon調べ-詳細)

でもね、ホント外出時にはPowerBeats Proいいっすよ。付けたらもう気になんないし、チャリとか散歩とかアクティブなときも、いつもバックグラウンドにミュージック。

書斎や寝室で映画観るときはSONY MDR-1000Xで、もうイヤホン環境は整ったかな。

created by Rinker
beats by dr.dre
¥21,821 (2019/12/09 08:27:50時点 Amazon調べ-詳細)