『asics GT-2000 NEW YORK 3』はビギナーにもちょうどいい本気のランニングシューズ!

IMG 5290

ガッツリ走ったろかい!ってことで、本気のランニングシューズを買ってきました。

今回はお店の人に相談して、自分の足や走り方に合うシューズを選択。毎日使うものだもん、ちゃんとしたのを選びたいよね。

本気のランシュー購入の顚末はこちら

 asics(アシックス)GT-2000 NEW YORK 3 レビュー

IMG 5285

▲ 人生初のアシックスシューズです。

IMG 5286

▲ カラーはど派手なイエロー!

IMG 5290

▲ 現代らしいハイテクなデザイン。

IMG 5292

▲ 後方から。緑色の樹脂部品が、かかとをしっかりホールドしてくれます。

IMG 5294

▲ 内側

IMG 5293

▲ 外側

IMG 5297

▲ オレンジのソール部分は足の前側と後ろ側に分かれていますが、その真ん中にイエローの樹脂部品が入っていて、前後がねじれないようにサポートしています。

IMG 5299

▲ かかとの外側にはアシックスのクッション素材「ゲル」が使われてます。

IMG 5300

▲ 指で押せばこんなにグニグニなゲル。クッション性抜群です。

IMG 5303

▲ かかとの内側にはゲルが入っていないので、足首が内側に曲がらないようになってる。

僕は足分析で「オーバープロネーション」というタイプだということが判明したので、ここ大事なポイント。

IMG 5304

▲ こうやって細かく見てみると、やわらかいソールにサポートのための硬い樹脂など、それぞれ明確な目的でバランスよく作られたハイテクシューズだってのがよくわかります。

このシューズを選んだ理由

機械で足分析をした結果、スポーツショップのスタッフさんにオススメしてもらったシューズのうち、最終的にナイキとアシックスの2タイプで迷ってました。

正直ナイキの方がやっぱりカッコいい。バランスの取れたシンプルなデザインで、普段履きでもぜんぜんイケてるスタイル。

反してアシックスはどうしても日本的なデザインというか、ゴチャゴチャしてていかにも本気なアスリートっぽい

いつもなら見た目がクールなナイキを選ぶところでしたが、あえて今回はその本気っぽさを選んでみました。

足元をカッコよく決めてランニングをエンジョイするぜ、って気持ちじゃなくて、できるだけ自分を追いこんでバリバリ走ったろかい!っていう意気込みの選択です。

あと以前からアシックスのランニングシューズが優秀だってのも聞いてたし、最近まわりのランナーにアシックスが増えてきたってのもあります。

実際に走ってみた感じ

IMG 5319

数回走ってみて感じたのは、足首のひねりが気にならなくなったことと、クッション性が抜群という2点。

足首に関しては、内側がしっかりサポートされてることと、正しいヒモの結び方をレクチャーしてもらったことが大きいのかな。

クッション性は、これまで履いていたリーボックが「衝撃を推進力に変える」タイプだったのに対し、アシックスはしっかり足をサポートするところに主眼が置かれているからだと思います。

Anyway 今のところサイコーっす。ビギナーから上級者まで、広く使えそうなクールなやつでした。

ネットからも購入可能

アシックス GT-2000 NEW YORK 3
ナイキ エアズームストラクチャー(迷ったやつ)
リーボック ZIG TECH(前に履いてたやつ)

オススメの関連記事

どんなに忙しくても僕らがランニングをするべき7つの理由 | CLOCK LIFE*

毎日走るランナーなら、足分析をして自分に最適なシューズを選びましょう。 | CLOCK LIFE*