頭の中のクッキーの箱をトントンと叩く。

DE2B12271C

「隠居系男子」を読んでいたら、『デフラグ』という言葉が出てきた。

コンピュータ用語で、空き領域の断片化を解消すること、らしい。

食い散らかしてところどころ空っぽになったクッキーの箱をトントンと叩いて、クッキーをはじっこに集めるみたいなこと。箱が整理されれば、もっとたくさんのモノを入れられる。

脳の最も効果的なデフラグは、睡眠と瞑想だろう。ランニングをしたり家事をしたり、ゴチャゴチャ考えずに単純作業をするのもいい。

作家の筒井康隆さんは、締めきり前にホテルにカンヅメになると、しばしばホテルの浴槽を洗っていたというけど、それもデフラグの一種だろう。

高城剛さんは、スケジュールに「空を見あげる時間」を入れていたという。それはいいデフラグだと思う。

僕の最も効果的なデフラグは、オートバイで走ることと、クラシックギターを弾くこと、それから、ビーチに寝そべって体の半分まで海に浸ってゆらゆらすること。

でも最近はそのどれにも、あまり時間が取れていない。それがつづくと、心が雨漏りしてくる。

今日がおわるまでにはまだ時間がある。頭の中のクッキーの箱を、トントンと叩いてみよう。

参考:「考える時間」と「デフラグの時間」から本当の個性は生まれる。| 隠居系男子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です