哀しいときは、人にやさしくなれるとき。

DropShadow ~ IMG 4150

いつものように海辺を歩いていると、砂浜に二つの人影が見えた。

青年は膝を抱えて肩を震わせていた。女は隣に座って海を見つめていた。

どんな季節でも雨さえふっていなければ、昼さがりの砂浜には一人や二人は誰かがいるものだ。

見知らぬ青年の背中から、哀しみが僕のところまで流れてきた。

彼がなぜ泣いているのかなんてわからないけど、その哀しみの質や肌触りは理解できるような気がした。いや、哀しみの肌触りなんてみんな同じだ。

「なんでこんなに哀しいんだろうな」僕は心の裡で彼に声をかける。

「君は海辺で泣いている。哀しくて、哀しくて、哀しくて。けれど僕は君の肩を抱いたりはしない。君を励ましたりもしない。だって君は見知らぬ他人だから。きっと君の隣に座っている女性が何もしないでいるのは、君にとってそれが一番やさしい行為なんだって、彼女もわかっているからなんだろう」

誰もがいつだって笑っていたいと願っているはずなのに、いつもどこかで誰かが哀しんでいる。

僕には何もできないけど、心の中ではガンバレって言っているよ。それだけ彼に伝えたかった。

哀しいとき、人はやさしくなれる。

僕はこれまでの人生で傷つけてしまった人を思い出して、唇を噛みしめた。

人を無意識に傷つけてしまうのは、いつだって誰かに傷つけられた人だから、あの人たちが誰かを傷つけていないことを願う。自分勝手だとは思うのだけど。

 

人にやさしく
THE BLUE HEARTS
価格: 250円
iTunesで見る
posted with sticky on 2014.11.5