こころハック

鏡の中の自分が変われば、たいていの人間関係はうまくいくのさ。

IMG 9823

えっと、どこかで誰かが猛絶賛してたので、思わず買ってみましたこの本。良かったですよ。

小学生の息子がいじめられていて困っていた奥さんが「鏡の法則」というものを教えられて、他にも抱えていたいくつもの悩みを解決していくというお話で、設定にやや変更はあるものの、実話のようです。

子どもがいじめられていなくても、子どもがいなくても、なんとなく人生が息苦しい人にも、なるほど!と思うところはあると思います。

わかりやすくてスラスラ読める

すごくわかりやすくてスラスラ読めます。僕は半身浴(40分くらい)で読めました。

こころに関する本というのはただでさえ抽象的な表現が多いのに、アレコレ書きすぎて焦点がブレることが多いけど、これはシンプルなストーリーなので、すっと入ってくると思います。

全部が全部納得、というわけじゃないんですが、だいたいのところは共感できます。僕も涙を流しそうになったし、帯に「読んだ人の9割が涙した!」ってあるように、おそらくほとんどの日本人が抱えている問題でしょうから。

著者は、野口嘉則(のぐちよしのり)さんという方。

リクルートを退社後、メンタルマネジメントの講師になって、心理コンサルティング事務所を設立、現在は予約が一年待ちというほどの大人気で、いろいろベストセラーも出しているとか。

僕は不勉強で知らなかったんですが、コーチングの人のようですね。

問題は外じゃなくて自分の中にあるんだったら、落ち込む必要ないよね。

いつも思うんだけど、

悩みがあって絶望的な気分になるのは、問題が外にあって、自分では解決できないと思うからなんですよね。

でも本当は、大抵の悩みってのは自分の中に問題があるわけで、それなら自分が変わればいいわけで、だったら暗い気持ちになる必要はないわけです。

他の誰かや社会を変えることはできないけれど、鏡の中に写る自分を変えることは、気づけば簡単ですから。
▶連絡先:りゅう

関連記事

  1. こころハック

    ダイソン君と竜さんの壮絶な闘い。

    ここ数ヶ月、ダイソンっていう欧米野郎と壮絶な闘いを繰り広げてたのよオレ…

  2. こころハック

    散らかすトレーニング

    最近、だらしなく生活する訓練をしています。いつもキッチ…

  3. こころハック

    【あしたのために】運動しないことは憂鬱になる薬を服用しているのと同じようなものだ

    ハーバードの学生達が殺到した超人気講義を担当していた心理学博士タル…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 夢を叶える

    イヤなことをやらない才能
  2. 映画

    2016年版!竜さんが選ぶ素晴らしい映画だったよランキングベスト10
  3. コラム/エッセイ

    うちの家族はみんなバラバラだから、みんな幸せ!
  4. 音楽

    迷ったらこれで聴け!シーン別オススメミュージックアプリ8つ
  5. 映画

    【映画放談】『ヒミズ』住田がんばれ!俺もがんばる!原作に一滴の希望を落とした映画…
PAGE TOP