鏡の中の自分が変われば、たいていの人間関係はうまくいくのさ。

IMG 9823

えっと、どこかで誰かが猛絶賛してたので、思わず買ってみましたこの本。良かったですよ。

小学生の息子がいじめられていて困っていた奥さんが「鏡の法則」というものを教えられて、他にも抱えていたいくつもの悩みを解決していくというお話で、設定にやや変更はあるものの、実話のようです。

子どもがいじめられていなくても、子どもがいなくても、なんとなく人生が息苦しい人にも、なるほど!と思うところはあると思います。

わかりやすくてスラスラ読める

すごくわかりやすくてスラスラ読めます。僕は半身浴(40分くらい)で読めました。

こころに関する本というのはただでさえ抽象的な表現が多いのに、アレコレ書きすぎて焦点がブレることが多いけど、これはシンプルなストーリーなので、すっと入ってくると思います。

全部が全部納得、というわけじゃないんですが、だいたいのところは共感できます。僕も涙を流しそうになったし、帯に「読んだ人の9割が涙した!」ってあるように、おそらくほとんどの日本人が抱えている問題でしょうから。

著者は、野口嘉則(のぐちよしのり)さんという方。

リクルートを退社後、メンタルマネジメントの講師になって、心理コンサルティング事務所を設立、現在は予約が一年待ちというほどの大人気で、いろいろベストセラーも出しているとか。

僕は不勉強で知らなかったんですが、コーチングの人のようですね。

問題は外じゃなくて自分の中にあるんだったら、落ち込む必要ないよね。

いつも思うんだけど、

悩みがあって絶望的な気分になるのは、問題が外にあって、自分では解決できないと思うからなんですよね。

でも本当は、大抵の悩みってのは自分の中に問題があるわけで、それなら自分が変わればいいわけで、だったら暗い気持ちになる必要はないわけです。

他の誰かや社会を変えることはできないけれど、鏡の中に写る自分を変えることは、気づけば簡単ですから。
▶連絡先:りゅう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です