映画

大人の灰色の日常をワクワクの夏休みに戻してくれる映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』

チビたちと映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』を見てきました。

結論から言うと、ズバリ「大人が見るべき映画」です!

仕事や家事育児など「やらなきゃいけないこと」ばかりに追われてるあなたを、大人の灰色の日常から、子どもの頃の輝く夏休みに戻してくれる映画です!

「コワイ」のはアタリマエー!

主人公の女の子が枝に引っかかった凧をとるために木に登るシーン。怖くなって下を向くと、元飛行機乗りのおじいさんは言います。

「コワイのはアタリマエ。だから登らせたんだよ」

そう、おじいさんの言うとおり、「生きる」って基本的には、コワイんです。

でも、コワくても勇気を出して木に登るから、新しい世界が見える。

高い木の上からしか見えない景色を見て、ワアーって目を輝かせて、ワクワク興奮しちゃう。

子どもの頃って、そういうワクワクの連続だったはずです。だから毎日が輝いていたし、瞬間瞬間に集中しているから、一日がとっても濃くて長かったはず。

木に登るのも、虫をつかまえるのも、ママに内緒でチョコレートを食べちゃうのも、新しい友だちを作るのも、いつだってはじめはとってもコワイけれど、それでも進むから、毎日がワクワクに包まれていた。

人生はそんなワクワクばかりの冒険だったはずなのに、大人になると、そのコワさをなくそうとするから、「やらなくちゃいけないこと」ばっかりになっちゃう。

お金がなくなるのがコワイから、せっせと貯金する。

病気になったり家族が死んだときお金がないとコワイから、保険に入る。

嫌われるのがコワイから、自分を押し殺して他人に会わせる。

失敗するのがコワイから、イヤな仕事でも続ける。

そうやって、コワくないようにしたら、ワクワクなんてないよね。

コワイのは、アタリマエ〜。

コワいのをなくそうとするのやめて、コワくても木に登ってみませんか?落ちても、たぶん死なないよ。

あそこまで子どもに押しつけてばかりのママはいねえよ、って笑える?

主人公のお母さんは、女手一つで育てていることもあって、仕事にも教育にもとっても熱心。

女の子の幸せを願うあまりに、大人になるまでの数年分のスケジュールを分単位で管理して、完璧なレールを敷いています。

このママを見て「ここまでやるやつはいねえよー!」と思った人、本当にそう?

かなり大袈裟にデフォルメしてはいるけど、あなただってお子さんを管理しすぎてやいませんか?

僕もそうだったけど、大人はいつの間にか、子どもを愛するあまりに自分のコントロール下に置こうとしてしまうものです。

「この子はまだ子どもだから、私が管理してあげなければ幸せになれない」というのは、お子さんを信用できていないということかもしれません。

「ほっといてもきっと素敵な大人になる」って信じてあげることが

お子さんの本当の幸せかもしれませんよ。

主人公の女の子には名前がない

本作の主人公には名前がありません。

お母さんにも、元飛行士のおじいさんにも、じつは登場人物の誰にも固有名詞がないんですね。

それは、この物語が、僕らみんなに共通する物語だから。

お母さんに管理されてきゅうくつな思いをしている「女の子」

子どもを愛するあまりに縛りつけてしまう「お母さん」

いろんなものを持っているのに、まだまだ欲しがる「ビジネスマン」

他人にほめられることが人生の目的になっている「うぬぼれ男」

すべての子どもを従順な同じ大人にしようとする「教師」

いつの時代にも、どこにでもいる人々の因果のようなものが、わかりやすいキャラクターに描かれています。

「星の王子さま」がピンとこなかった大人へ

この映画は、世界的に有名な絵本「星の王子さま」を引き継ぐ物語として制作されていますが、言い換えれば本作は、子どもの頃に「星の王子さま」を読んでもピンとこないまま成長した大人たちへの、もうひとつの答えだと言えるかもしれません。

そもそも原作者のサン・テグジュペリが言うように「星の王子さま」は、大人に向けて(一人の友人を励ますために)書かれた本です。

なので、ピンとこない子どもがいても不思議ではないのでしょう。

かく言う僕もそうでした。

けれど大人になった今、現代風にアレンジした展開と、最新の技術によって描かれる溜息が出るほど美しい映像によって、絵本だけでは伝わりにくいテーマが、ありありと甦っています。

「心で見た時だけ、本当のことがわかる。大切なものは……目に見えないんだよ」

お金や仕事や常識に縛られてしまう大人になった今こそ、自分にしかない「心のコンパス」を信じてみたいと思いました。

関連記事

  1. こころハック

    しあわせになりたかったら、家族のためにがんばるのをやめなさい。

    数年前に家内が倒れたのも、僕が昨年会社に行けなくなったのも、家…

  2. 映画

    こう見えて狂ってるんです『ラ・ラ・ランド』、でもだからこそ切ないんです。

    先日のアカデミー賞授賞式にて、作品賞受賞かとぬか喜びしてドヤ顔…

  3. 夢を叶える

    人はウンコには勝てない。

    その日は朝から表現衝動というか創作意欲がハンパなかったんです。…

  4. こころハック

    悩みや挫折があってよかったね。なぜ人は落ちるのか?___ so that we can learn.…

    「なぜ人は落ちるのか?這い上がるためだ」映画『バットマ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ガジェット/家電

    100インチ大画面で映画見てゲームやって廃人まっしぐら。エプソンのホームプロジェ…
  2. 映画

    悪人も俺もあんたも、死んだらハイさいなら。北野監督が描きつづける「死」ってやつに…
  3. コラム/エッセイ

    壊れないロールスロイスとお姫さま。
  4. グルメ

    IKEAレストランの安くて美味しい朝食と無料のカプチーノはいかが?
  5. キャンプ/アウトドア

    僕らは笑うために生きている!笑顔だらけの「2015春の茅ヶ崎ビーチBBQ」レポ!…
PAGE TOP