「あの花」が教えてくれる罪悪感を、僕達はまだ知らない。

 (画像:Amazon
人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、僕やあなたの物語です。

何食わぬ顔をして生きているようでも、こころのずっと奥で、何かにがんじがらめに縛られて苦しんでいる人々。それは、僕やあなたのことです。

一見どこにでもいるふつうの高校生

五人の高校生。

一人の少年は不登校児で、いつも家に引きこもってゲームばかりやって悶々としています。

一人の少女は、派手めな友人たちと一見うまく溶けこんで、楽しくやっています。

一人の少年は有数の進学校に通い、容姿もすぐれたエリート。

一人の少女も同じ進学校でマジメに勉強して、順風満帆に見えます。

一人の少年は、バイトをしては世界中を放浪し、自由で素敵な人生を歩んでいます。

不登校の主人公を除いて、全員が、一見ごく「ふつう」の人生を歩んでいるように見えます

けれど彼らの時間は、幼い頃仲間の一人だった少女が亡くなってしまったあの日から、止まってしまっているのです。

消えない罪悪感を背負って。

彼らはみんな、少女が亡くなったのは自分のせいだ、という幼い頃の「罪悪感」を抱いて生きています。

たしかに彼らにもすこしの非はあったかもしれない。

でもそれは、幼い子どもたちにはどうしようもできない類いの非であるし、もう過ぎ去ったはずのあやまち。

高校生になった彼らにも、理屈ではわかっているんです。

自分だけのせいじゃない。

もう終わったこと。

いつまでも悔やんでいてもしょうがない。

でも、頭でわかっていたって、こころは縛られたまんま。

誰かに「あなたは悪くないよ」と言われたって、「はいそうですか」とは、ならない。

大人になっても縛られたまんま。

僕らのこころにも、それと同じ「縛り」が残っていることがあります。

僕は、いらない子どもなんだ。

いつもお母さんが泣いていたのは、私のせいだ。

僕は好きなことをやってはいけないんだ。

人に嫌われたら生きている資格がない。

でもみんな、自分がそんなものに縛られているとは思っていないんですね。

そういう人もいるだろうけど、「自分に限ってそれはない」って、なぜかみんな確信に近いほど信じてる。まあ僕もそうでした。

でももし今のあなたが、人生に何か息苦しさを感じているとしたら、それは子どもの頃から、こころが縛られたままだからかもしれません。

 

僕たちはまだ知らない。

「あの花」では、亡くなった少女・めんまの霊が姿を表してくれたので、みんなが徐々に自分の「本当の気持ち」に気がつくことができました。

「僕は苦しいんだよ!」ってことを認めて、たくさん涙を流して、縛りをほどくことができた。

でも、現実の僕らの元に、少女は出てきません。本当はこころのずっと奥にいるんですよ、幼い自分自身が、あの頃のまんま、罪悪感に縛られて、後ろを向いてしゃがみ込んでいる。

作中に出てくる青い花弁の「忘れな草」の花言葉は、「私を忘れないで」です。

もし人生に息苦しさや辛さ、漠然とした不安があるのなら、自分の中にいる幼い自分を探してみるのもいいかもしれません。その子は「私を忘れないで」って言ってませんか?

僕らは大人になったけど、こころの中には、まだあの日の想いが残っているのです。

そう、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」んです。

▶連絡先:りゅう

今ならhuluで「あの花」テレビシリーズ全話が見られます。→ Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!