コラム/エッセイ

死にたいように死んだ川島なお美ちゃんありがとうね。

今年ガンで亡くなった川島なお美さんの写真をテレビで見て、目が釘付けになっちゃった。

ボクらの年代って、なんか川島なお美さんと一緒に成長してきたっていうか、気づいたらずっと隣にいたみたいな親近感ないですか?

お笑い漫画道場のキレイなおねえさんだったのが、ちゃんとした女優さんになっちゃって、血液がワインになっちゃって、ワンちゃんとセレブな暮らしして、世界的パティシエと結婚してって、なんかこう、激動の人生を、いつも眺めることなく眺めていたというか、ちょっと心配したり、ときにはバカにしたりしながらも、いつも視界の中で気になっていた人、みたいな感じなんですボクには。

晩年は心屋仁之助さんと親交があったみたいで、心屋さんも「彼女らしいカッコイイ最期だった」と言ってるんだけど、どうしてもボクには、「心をがんじがらめに縛られて苦しみながら亡くなった人」みたいなイメージが残っちゃってた。

でもある写真を見て、なんかすっと理解できた気がしたの。

もう末期だからガリガリに痩せてて、着物とか露出の少ない服を着ればいいのに、あえて露出の多い女優然としたドレスで会見に臨むそのキリッとした横顔。ああ、ホントカッコいいわ、と。大切なモノは目に見えないね星の王子さま、と。

スティーブ・ジョブズもそうだったよね。

ガンが発覚すると、もうどんな薬を使ってでも助けてくれ!死にたくない!って大騒ぎする人と、副作用で髪が抜けたり、無様な姿をさらすくらいならとっとと死ぬ、という人がいるでしょ。それが運命だと受け入れる。

ふだん人の生き死にを扱う有名な禅のお坊さんですら、余命を告げられたら「やだー死にたくないー!」って暴れたっていう話があるけど、もちろんボクも大騒ぎするだろうね。騒いで騒いで家族や友人に迷惑かけまくって、まあまあ延命して、それなりに生きて、死んでいく気がする。

でも川島なお美さんとかジョブズはそうじゃない。

「女優として、死にたい」だったんだよね。「無様でも、生きたい」は耐えられなかった。

ボクなんかおせっかいだから、そこをもっと緩んで、心を楽にしたらもっと生きられたのに、なんて思っちゃってたんだけど、そんなもん、余計なお世話ですよ。人がどうこう言うことじゃない。

川島なお美さんは早かったけど、彼女の願い通り生きたんだ。

「女優として死にたい」と願ったから、女優としての寿命を全うした。

彼女は生きたいように生きて、死にたいように死んだ。超カッコいいし、超自由で、無限だ。

逆に北斗晶さんみたいに、ガンとの闘病を発表して、懸命に生きようと足掻く人もいる。それもまたよし。すべてよし。ボクらは自由だ。

ずっと年上だしお会いしたこともないけど、敬愛を込めてちゃん付けで言わせてね。

なお美ちゃんありがとうね。自由を見せてくれてありがとうね。

▶ そうだ、竜さんに話してみよう

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    あの日、倒れそうだった僕に希望をくれた一冊の本。 [ 日刊CL*80 ] 2014/03/21

     立花岳志さんの渾身の新刊が発売されたというので、書店に立ちよって…

  2. コラム/エッセイ

    「今日はパパちゃん何もできませーん!」と宣言する朝。

    その日は朝から大忙しだったのよ。ボクは昼前から夜中まで都内に出…

  3. コラム/エッセイ

    神さまがくれた仔猫(と奇跡のからくり)

    ある日家に帰ったら、仔猫がいました。僕は、神さまがくれ…

  4. こころハック

    会社を辞めたいという人の本当の問題

    コンサルとかでも、会社を辞めたいとか、仕事がイヤだ・悩んでるっていう人…

  5. コラム/エッセイ

    看板(ビルボード)の裏を見る。

    2018/02/14/水  想像インフル。加藤浩次さんがインフルエ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


カテゴリー

月別の過去記事

  1. Apple/Mac

    Apple TVがあると勝手に家族がリビングに集まるよ。
  2. コラム/エッセイ

    一日の終わりに会う人
  3. イベント

    『MEGWIN TV』元お笑い芸人が毎日アップする面白YouTube番組。なんと…
  4. コラム/エッセイ

    [ 日刊CL*8 ] 幸せとは独りじゃないと思えること。2013/12/24
  5. キャンプ/アウトドア

    仙台発のアフリカン太鼓チーム『ぽれぽれ』のリズムが僕の魂を揺さぶる理由
PAGE TOP