<バガボンド名言>やらかくなるほど深まるもの、なーんだ?

マンガ「バガボンド」に出てくる、宝蔵院胤栄っていうすんげー強いじいさんの幽霊と天下無双・柳生石舟斎の幽霊のやり取り。

胤栄「やらかくなるほど深まるもの、なーんだ?」
石舟斎「自信?」

余計な力が抜けたとき、人はいちばん強い

武蔵は一人で吉岡一門七十人と戦うんだけどね、途中でもう疲れ切っちゃってふらふらになってから、さらに剣の威力が増して、それまでより強くなるのよ。

全身から余計な力が抜けてぬたあんぬたあんってどんどん敵を斬っていく。

ふつう剣で斬るってズバッ!とかそういう擬音でしょ。

でも力が抜けてるから、ぬたあん、ぬたあんって。

そしてそういう力が抜けてるときが、人はいちばん強い

自信があれば力が抜け、力が入ると気負いになる

石舟斎は言う。

「やらかくなるのは自信。固くなるのは気負い」

スポーツでも仕事でも何でもそうだけど、自信がある人は力が抜けてるよね。

自分を信じられているんだから、気張ってがんばる必要ないもんね。

力を抜いて、そのまんまの自分を出せばいいってわかってるから。

逆に、目的のために力んでしまうと、心身が固くなって持っている能力を発揮できなくなる。

僕もね、ブログとかメディアの記事とか書いているとき、力むとダメになるからわかるの。

「カッコいいこと書こう」とか「人をうならせるような文章を書こう」とか力が入ると、うまくいかないし、何より自分が楽しくないのね。

もう自分が感じたことをそのまんま、もちろんわかりやすく表現する努力とかはするけど、そのまんまの自分を表したとき、やっぱり人の心に響くよね。

自分を信じるって、空気を信じるってこと

石舟斎「自分を信じると書いて自信だが、もっともっと、自分をとりまく空気までを信じられるような」

「自分を信じる」というと「オレならできる」「オレはスゴイんだ」という自分だけを信じる方向に解釈されがちだけど、そうじゃないんだよね。

「自分をとりまく空気までを信じられるような」というのはつまるところ、自分以外のすべて、味方も敵も、空も風も犬も猫も、すべてを信じられるということ。

つまり

「自分を信じる」=「世界を信じる」=「ぜーんぶ大丈夫」

っていう悟り。

スピリチュアルの人はこれを「宇宙」と呼称するから、アヤシイ響きに聞こえたりもするんだけど。

自分だけを信じると、なにか失敗があったりうまくいかなかったときに、すぐ信じられなくなっちゃう。そんで凹むし、悩む。

オレはやっぱダメなんじゃないかって。

そうじゃないよ。

そもそもオレら人間一人一人なんてたいしたもんじゃない。

たいしたもんじゃないから、世界の力を借りて、幸せになるんだもの。

力んで、ゆるんで

ちなみに、ぬたあんと強かった武蔵も、終わりが見えて生きのびられると思った途端、また力んでしまって、無様な剣を振るってしまう。

幽霊のじいさんたちも

「おや、先を見てもうた」
「あのやらかい空気はどこへやら」
「正視に堪えぬのう」 

とあきれ顔(笑)。

そうやって「力んで、ゆるんで」を繰り返して、みんな世界を信じて、大丈夫だってわかっていくのでしょうね。

胤栄だって石舟斎だって、若い頃は天下無双!っつって力んでたんだから。

ぬたあんぬたあんと生きていきたいもんです。

⇒「バガボンド」を購入する
▶ そうだ、竜さんに話してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です