パッカーンしようとするのをやめたとき、心がするする開いていくよ。

IMG 4415

「竜さんみたいに心を開きたい、パッカーンしたいんです!」

という相談がけっこう多いんだけどね。

そういう人たちのお話を聞いていると、その「パッカーンしたい」という気持ちの根っこには

「今の自分から変わりたい」「悩んで苦しむ自分をやめたい」

というのがあるよね。

でも、その思いがある限り、心はなかなか開かないものなんですわ。

探すのをやめたとき、心のカギが見つかるかもよ

「もうこんな悩みまくる自分はイヤだーーー!変わりたいーーー!」

という気持ちを捨てて

「しゃーないなー、でもこんな風に悩んじゃうのが私だよなー、それでいっかー」

って思えた瞬間に

心は開いていくんです。

我が国が生んだ天才・井上陽水さんが40年以上も前に唱ってますね。

はいつくばって、はいつくばって、いったい何を探しているのか

探すのをやめたとき、見つかることもよくある話で

___『夢の中へ』井上陽水

心屋仁之助さんの本を読んだり、セミナーへ行ったり、自己啓発とか心の本を読みあさって、

カバンの中もつくえの中も探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか?

それより僕と踊りませんか?

___『夢の中へ』井上陽水

ですよ。

みっともないところも全部認められたら、ほれパッカーン!

そもそも、身も蓋もないことを言っちゃうと、心を開く・パッカーンするっていうのは

「ダメなところもみっともないところも含めて、そのまんまの自分を認めて、許す」

ことなんです。

「ありのままの自分でも愛されるんや〜!幸せになれるんや〜!」

って気づいたら、自分を信じられるよね。

根っこの自分(がんばって得た知識やスキルを持った自分ではなく、好きなことをやって笑顔でいる自分)を信じられるということが、本物の「自信」です。

本田圭佑が自信の塊なのは、死ぬほどハードなトレーニングを積んで結果を出してるからじゃないんです。

もしそうだとしたら、身体を壊してサッカーができなくなったら彼の自信は揺るいじゃいますよね。

圭佑は根っこの自分を信じてるから、ケガでサッカーができなくなったら、また別の道で一流を目指すでしょう。

それよりオレと踊りませんか?

オレもパッカーンと心が開いてから、またじわじわ閉じていって苦しかった時期がありましたよ。

そういうときは、

心が開いていなければいけない!

いつも笑顔で楽しんでいなければいけない!

パッカーンしていないオレには価値がない!

と思っていたの(笑)。

でもある日、

もういいわ〜、こんなダッセえオレもオレだわ〜

って思えたら、またするすると心が開いていった

だからいつまでも「心の鎖を外すカギ」とか「自分を苦しめているトラウマの正体」を探しても見つからない人は、ちょっと探すのをやめてみるのもいいんじゃないですか?

それよりオレと踊りませんか?

海辺でBBQでもして、居酒屋で「今までいちばん恥ずかしかった話」とかバカ話して、ブハハハハハ!って笑いませんか?

▶ 竜さん相談受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です