「じゃねーし!」を思い出す。月に一度の心のお稽古。

IMG 7671

月に一回、心理カウンセラーの心屋仁之助さんが開催しているBeトレっていう講演会に行ってるんです。

Beトレっていうのは、Being(在り方)のトレーニングという意味で、人生を幸せに生きる「やり方」ではなく、その前提である「在り方」を学ぶんです。学ぶっていうか、思い出す感じだね。

ざっくり説明すると、

多くの人は心の奥底で「私はダメだ」「がんばらない私は嫌われる」という大前提を持っています。それは文化や歴史や親によって長い時間をかけてすり込まれた大前提で、誰が悪いというものじゃありません。

でもその大前提があると、何をやってもうまくいかないし、失敗や恥を恐れてチャレンジできないので、人生のアクセルとブレーキを同時に踏んでるようなもんなんで、すんげーしんどいんです。
僕はそれでイヤなことをがんばりすぎて鬱になって会社を辞めました

その大前提を「私は何をしても好かれる」「できてもできなくても私は素晴らしい」という大前提に変えると(気づくと)、パッカーンと心の殻が破れて、のほほんと幸せに生きられるようになる。
というのが、いわゆる「心を開く」ということです。

でもそういう心の仕組みがわかったり、「自分は何もしなくてもすでに素晴らしいんだ!」って一度気づいたとしても、人はまた無意識のうちに「自分はダメだ」という昔の大前提に戻ってしまうんですね。
世の中には不安な人の方が多いから、そっちに引っ張られちゃう。

この「戻っちゃう」っていうのはもう、しょうがないんです。
一度心を開いたのに、また少しずつ閉じて、戻っちゃうことで不安になる人は、ここを意識しましょう。

戻るのがアタリマエー( ̄▽ ̄)

なんです。

その、戻りそうになったときに「がんばらない自分には価値がない……じゃねーし!」ってもっかい戻るのが、Beトレの目的。

一ヶ月に一度、心屋さんのテキトー(に見える笑)なお話やオープンカウンセリングを見ると、心と体がぐにゃっとゆるみます。
ゆるんで生きているつもりなのに、けっこう心がこってたんだなあって気づきます。

たっぷり笑ったあとはスッキリして

「あ〜全部うまくいっとるやんけ〜忘れてたわ〜」
「今のまんまで完璧やがな〜忘れてたわ〜」
「好きなことだけやってたらええわ〜忘れてたわ〜」

って思い出して、スキップしたくなるような軽やかな気分になります(心屋さんの関西弁がうつる( ̄▽ ̄))。

心屋さんは、Beトレは「道」だといいます。
茶道や華道、弓道のように、ずっとたしなみ続けるもの。
免許皆伝になったらやめるというものではないんですね。

人に教える立場の一流の経営者やコンサルタントが、自分のためのコーチングやコンサルを受けるのと同じで、誰かと一緒にやることって、自分の内面に気づくために本当に役立ちます。
そしてそうやって通っているうちに、一人でも「じゃねーし!」ができるようになっていくんですね。

僕ももっと遊んだり楽しんだりするのにお金が欲しいから、好きなことばっかりやってないで、イヤなことでも歯を食いしばってがんばらないと!……
じゃねーし!
じゃねーし!
じゃねーし!
じゃねーーーしーーー!

「好きなことだけして生きていく」ためのヒントをお届けするLINE@はこちら。⇒https://line.me/ti/p/%40zgy4263y