こころハック

失敗するのはアタリマエー!サモアの怪人に学ぶ本当に「無敵」な男

 

 

格闘技は昔から好きなんだけど、マーク・ハントっていうキックボクサーが特に好きだ。

今から15年くらい前にK-1にいきなり出てきていきなり世界チャンピオンになったサモアの怪人は、とにかくアホみたいに打たれ強くて、ふつうなら一発でダウンされるようなヘビー級の強烈なパンチを何発も食らいまくっても倒れない。

そんなハントが今は40歳を超えてるのにUFCってなんでもありの金網マッチで活躍してメインイベント張ってるって言うんだから驚いたね。

僕がなぜ他のスタイリッシュで技の豊富な格闘家よりも、ハワイのビーチでアイスクリーム売ってそうなずんぐりむっくりのサモアンが好きなのかなって考えたら、それはハントのその悠然とした佇まいと生き方なんだ。

負けることがあるのはアタリマエー、という強さ。

ハントを見ていると「人にどう思われようとそんなのカンケーねー」ってのがビシビシ伝わってくる。

彼はその類い希なハードパンチで名だたるヘビー級ファイターをKOしまくる世界有数の格闘家だけど、あっさり負ける試合もけっこう多い。

でもハントは、負けてもまっっっっっったく気にしない(ように見える)。負けてもヘラヘラ笑ってて、それが無理してるのとはぜんぜん違う。早く帰ってメシ食いたいんだろうなとか思わせる。勝ちたいという気持ちはもちろん強いんだろうけど、負けは負け。負けることがあるのはアタリマエ、というスタンス。

悔しがったりしない。はい次、みたいな。

負けた悔しさをバネにして、負けた教訓を活かしてさらにトレーニングして、という流れではなくて、

一生懸命やっても負けることはある。だからまた次も一生懸命やるだけだ。

というぶれないメンタル。

それはメンタルが打たれ強いって言うんじゃなくて、「そういうものだ」「それがどうした」という前提で生きているからな気がする。ニュージーランドっていうお国柄とサモアの血も存分に関係しているのだろうとは思うけど。

イチローや本田圭佑みたいにバリバリ結果を求めるアスリートもカッコいいけど(それでいいんだけど)、「(絶対勝ちたいけど)負けてもいいや」っていうマーク・ハントは「無敵」だなあって思う。

無敵って敵がいないってことだもの。
一番の敵って「負ける自分を認めない自分」のことだもの。

「失敗してもいい」って最強だよね。「オレ負けても大丈夫」ってのがやっぱり「無敵」だよね。

「好きなことだけして生きていく」ためのヒントをお届けするLINE@はこちら。⇒https://line.me/ti/p/%40zgy4263y

関連記事

  1. こころハック

    朝は、大丈夫だって思い出すための大切な時間。

    朝ってイライラして焦ることが多いじゃない?モヤモヤすんのよ。朝…

  2. こころハック

    終わらない歌を歌おう。明日には笑えるように。

    『39歳の夢を叶えるために、僕はこの夏独り旅に出る。』に書いた…

  3. ライフハック

    運も実力もないあなたが、それでも成功して光輝く方法

    今日は、なかなか成功できない人、人生がうまくいかない人、世界に文句がた…

  4. こころハック

    心屋さんみたいにいっつも楽しそうでニコニコしてたいな〜って思ったからやること

    ジムのサウナと露天風呂ゾーンを往復しながら「極楽じゃ〜」ってなってると…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. キャンプ/アウトドア

    聞こえるのは海の律動と自分の呼吸音だけ。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ③
  2. キャンプ/アウトドア

    『スノーピーク シェラカップ』何にでも使えるアウトドアの万能調理器具とはこれのこ…
  3. Apple/Mac

    【ToDoリスト】読書メーターをiPhoneの書籍専用買い物リストにしたよー☆
  4. 日刊・週刊

    月曜日のはじまりに、夏の終わりと中間管理職と麻布十番祭りを想う。(2013/08…
  5. キャンプ/アウトドア

    イワシとアスパラのパエリヤが絶品!竜さんちのふもとっぱらキャンプ日記2018⑤
PAGE TOP