コラム/エッセイ

一日のはじまりに、こころを現実から引きはがす。

IMG 0071

朝はなるべく散歩するようにしている。
一日のはじまりには、こころが現実に貼りついていることが多いから。

家からゆっくり歩いて五分くらいで海に出る。晴れた日ならちょうど道の真正面からお日様の光が当たるので、からだ全体が瞬時にあたたかくなる。

朝つゆに濡れた芝生や木の柵がきらきら輝いているのを見ると、ぼくのこころがぴりぴりと音を立てながら、些末な現実から引きはがされていくのがわかる。

本や書類が散らかった書斎のこと。
親父が亡くなってから食べものが喉を通らない家内のこと。
思春期の長男のこと。
これからの仕事や生活やお金のこと。
来週都内に出るときに着ていく服。
今日の昼飯と午後やること。

さっきまで気にしていた日常のあれこれが、取るに足らない問題だったのだと気づく。

視界が高くなり、視野が広がり、今日という単位で捉えていた「生活」を、人生という大きな尺で眺めることができる。木を見て、森を見る、というやつだ。

一度森全体を眺めて、「うん、俺の人生も捨てたもんじゃないな」なんて思えれば、今度は清々しい気持ちで一本一本の木に対峙できる。

人生は甘いことばかりじゃないけど、しんどいこともあるけれど、でもそれでも、森全体を眺めてみれば、やっぱり生きているってそれだけですばらしいんだって、からだの奥から力が溢れてくる。

だから朝はなるべく散歩するようにしている。
一日のはじまりには、こころが現実に貼りついていることが多いから。

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    二日酔いで死にそうって、それホントに本当?

    以前ほどではないにしろ、まだたまにやっちゃいます、バカ飲み。…

  2. グルメ

    食べてるうちから健康になってく「極楽カリー」と上野の老舗豆大福を求めて初夏の鎌倉をゆく。

    鎌倉の歯医者さんに通ってるんで、終わったらいつも鎌倉さんぽ。 …

  3. 夢を叶える

    今日やらない夢なら捨てちゃいな、それ絶対叶わないから。

    先日、長男の高校入学式に行ってきました。冷えきった体育…

  4. コラム/エッセイ

    犬のような子ども猫のような子ども。

    わが家に仔猫がやってきて半年がたちました。僕は家で仕事をしているのでほ…

  5. こころハック

    身近な人が落ちこんでいたら、空気を読まずにたくさん笑おう。

    「私が落ちこんでるときも、いつもあなたが笑っていてくれてよかった」…

  6. こころハック

    誰に強制されたわけでもない、自分で決めたスケジュールの罠。【鬱日記6】

    ◀「あのときと同じだよ」と彼女は言った。【鬱日記5】僕の日課はこうだ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ガジェット/家電

    MacBookに最低限必要なハブ「ANKER Premium USB-C Hub…
  2. キャンプ/アウトドア

    夏の終わりの茅ヶ崎ビーチBBQ(後編)!ちょっとした工夫でBBQはもっともっと美…
  3. 日刊・週刊

    月曜日の夕暮れに、人を喜ばせることと太陽と週末のお酒を想う。(2013/10/1…
  4. 夢を叶える

    【アナザースカイ】バルセロナに住むという夢を想いつづけること
  5. カメラ/写真

    RICOH GRと両刀使い。
PAGE TOP