コラム/エッセイ

又吉直樹『火花』に詰まった切実に頭がくらくらした。

書店の一番目立つところに平積みされていたので、又吉直樹・著「火花」を手にとってパラパラとめくってみた。

驚いた。

何年か前に、某文学新人賞を受賞した某若手イケメン俳優の小説を書店で立ち読みしたときは、数ページ読んだだけであまりのクオリティの低さに頭がくらくらしたものだけれど、又吉の放つことばたちは、まぎれもなく本物だった。今度はうれしくなって頭がくらくらした。

芥川賞選考委員の山田詠美が言うように、たしかに荒削りなところはあるかもしれないけれど、まずとても芸人が書いたとは思えないほど流麗で伝わってくる文章だし、それでいて本物の芸人でしか描けない世界が描かれている。

つまり何が言いたいかというと、これは、又吉直樹にしか書けない小説なのだ。

僕は最近ブログを書いていてよく思うのだけれど、「僕にしか書けないもの」を書かなければ意味がない。

それはブログや小説だけじゃない。

僕にしかできないもの、僕だからできること、というものが、だんだんと見えてくる。

それが、僕らの生きる使命であったり、生きる意味であったり、生きる喜びだったりするのかもしれない。

なんてな。

火花

関連記事

  1. こころハック

    なんだかんだ、気分次第。自由になら一秒でなれる。幸せになるのには誰の許可もいらない。

    いろんな人が言うけれども、何かを手に入れたら幸せになれるとか、こうなれ…

  2. こころハック

    あなたがワガママを言うと、みんなが幸せになる。

    お義父ちゃんは昨年のハナミズキの季節に亡くなった。いつ…

  3. コラム/エッセイ

    「今日はパパちゃん何もできませーん!」と宣言する朝。

    その日は朝から大忙しだったのよ。ボクは昼前から夜中まで都内に出…

  4. ビジネス/成功

    生きることについて語るときに、僕の語ること。

    連休最後の日の夕方に、書斎の断捨離をしていたら村上春樹さんの『…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


カテゴリー

月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    ダメなお店は、僕を映す鏡なのかもしれない。[ 日刊CL*72] 2014/03/…
  2. キャンプ/アウトドア

    【キャンプ日記2012夏 #2】ホントは誰にも教えたくない!海まで3秒の絶景サイ…
  3. グルメ

    あの花風かき玉塩ラーメン、僕達が知らない想い出をそえて。
  4. ガジェット/家電

    もう手放せないiPhone純正バッテリーケース
  5. グルメ

    どろっどろのほうとうに溺れる暴食の夜。
PAGE TOP