コラム/エッセイ

又吉直樹『火花』に詰まった切実に頭がくらくらした。

書店の一番目立つところに平積みされていたので、又吉直樹・著「火花」を手にとってパラパラとめくってみた。

驚いた。

何年か前に、某文学新人賞を受賞した某若手イケメン俳優の小説を書店で立ち読みしたときは、数ページ読んだだけであまりのクオリティの低さに頭がくらくらしたものだけれど、又吉の放つことばたちは、まぎれもなく本物だった。今度はうれしくなって頭がくらくらした。

芥川賞選考委員の山田詠美が言うように、たしかに荒削りなところはあるかもしれないけれど、まずとても芸人が書いたとは思えないほど流麗で伝わってくる文章だし、それでいて本物の芸人でしか描けない世界が描かれている。

つまり何が言いたいかというと、これは、又吉直樹にしか書けない小説なのだ。

僕は最近ブログを書いていてよく思うのだけれど、「僕にしか書けないもの」を書かなければ意味がない。

それはブログや小説だけじゃない。

僕にしかできないもの、僕だからできること、というものが、だんだんと見えてくる。

それが、僕らの生きる使命であったり、生きる意味であったり、生きる喜びだったりするのかもしれない。

なんてな。

火花

⬇️ここまで読んでくれた人は、TwitterやFacebookでシェアしてくれたら、おいちゃん嬉しくって涙が出ちゃうぜ

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    スーパー・メモ・デビルは今日も捨てるためにメモを取る。

    僕は超メモ魔です。スーパー・メモ・デビルです。誰かと話していて…

  2. コラム/エッセイ

    猫とケージに閉じこめられて。2017/11/08

    哀しい一日だったなあ。 (さらに…)…

  3. グルメ

    食べてるうちから健康になってく「極楽カリー」と上野の老舗豆大福を求めて初夏の鎌倉をゆく。

    鎌倉の歯医者さんに通ってるんで、終わったらいつも鎌倉さんぽ。 …

  4. コラム/エッセイ

    39歳のあなたは、23歳のあなたに勝てるのか?全盛期は、今でしょ。

    「あの頃に戻れたらなあ」って思ったことのある人は多いでしょう。…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 好きなことだけして生きていく

    これからお会いする皆さんへ。とにかくワクワクしていらっしゃってください!
  2. グルメ

    【はじめての献立管理】もう夕飯には迷わない!my365で食べたものすべてを記録し…
  3. レビュー/買物

    集中とリラックスの使い分け!大人気のIKEA回転ワークチェア「MARKUS」が書…
  4. 写真/カメラ

    写真をクールなポスター風イラストに加工する方法
  5. Apple/Mac

    何もない。だから、書きやすい。Stone。
PAGE TOP