映画

子どもだったすべてのおっさんへ、スピルバーグからのプレゼント。

IMG 2198

予告映像見て、こりゃIMAX 3Dで見なくっちゃ、って映画館行ってきましたよ『レディ・プレイヤー1』。

よくもわるくもザ・スピルバーグ健在ってな作品で、つくりは子ども向けなんだけど、題材はおっさん仕様。かつて〈子どもだった大人〉へのスピルバーグからの壮大なプレゼントですねこれ。グーニーズ思い出したわ。

AKIRAのバイクとかガンダムとか出てきて、ジャパニメーションへのリスペクトが盛りだくさんなので、アラフォー以上のおっさんたちウハウハなんだけど、俺が思わず立ちあがりそうになったくらい興奮したのは、まさかの『シャイニング』!

キューブリックの独特の色彩というか、1980年制作だから単純に古いだけなのか、あの記憶の薄闇の向こうに霞むような色合いの世界に、デジタルゴリゴリのキャラクターたちが違和感なく溶けこんじゃって、うわあって声出しちゃったよね。だって、あのコロラドの山奥のホテルって、すんごく怖いけど、誰だって一度は行ってみたいと思うでしょ?そんな願いをヴァーチャルに叶えてくれるやさしいスティーブンおじさん。

くしくも冒頭のシーンを見ていたとき、なぜかシャイニングのオープニングの長回しを思い出したんだよな。

スピルバーグって、シリアスなのも撮るけど、いつまでもちゃんと〈子ども向け〉に徹してて素晴らしいですね。そのへんを徹底しているピクサーとかジブリ、ウォルト・ディズニーと同じで、ガキどもやずっとガキなおっさんたちにいつまでも夢を見させてくださいな。

関連記事

  1. 映画

    【映画放談】『クラッシュ(2004)』いつまでも心に残る、痛みの先にあるあたたかさ。

    ネタバレ注意!映画について言いたいことを言うだけの戯れ言エント…

  2. 映画

    大切な人との思い出がはじまる言葉『君の名は。』

    人は死ぬときに、自らの人生の様々なシーンが次々に脳裏に流れては消えてい…

  3. コラム/エッセイ

    まどろんだ午後のロードショーで。

    よく考えたらタイトルが『カメラを止めるな!』で、キャッチコピーが「最後…

  4. 映画

    海外ドラマにもたれた胃に、ほっとするやさしい味を。『深夜食堂』Hulu

    週末にHuluで映画やドラマを観ることが多いのだが、ゾンビから…

  5. ライフハック

    誰でも簡単に映画を安く見られる3つの方法

    松竹映画のライターをやっていることもあって、最近は映画をよく見…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


カテゴリー

月別の過去記事

  1. キャンプ/アウトドア

    味噌バターが絶品!鮭のちゃんちゃん焼きを自宅で美味しく作る4つのポイント
  2. コラム/エッセイ

    人生を開ける缶切り
  3. コラム/エッセイ

    今日も「悟りの穴」に来ています。
  4. ビジネス/成功

    がんばったつもりでも全力出せてなかった!どでかいチャンスを逃した話
  5. こころハック

    ある朝会社へ行ったら、涙があふれてとまらなくなった。【鬱日記1】
PAGE TOP