映画

子どもだったすべてのおっさんへ、スピルバーグからのプレゼント。

IMG 2198

予告映像見て、こりゃIMAX 3Dで見なくっちゃ、って映画館行ってきましたよ『レディ・プレイヤー1』。

よくもわるくもザ・スピルバーグ健在ってな作品で、つくりは子ども向けなんだけど、題材はおっさん仕様。かつて〈子どもだった大人〉へのスピルバーグからの壮大なプレゼントですねこれ。グーニーズ思い出したわ。

AKIRAのバイクとかガンダムとか出てきて、ジャパニメーションへのリスペクトが盛りだくさんなので、アラフォー以上のおっさんたちウハウハなんだけど、俺が思わず立ちあがりそうになったくらい興奮したのは、まさかの『シャイニング』!

キューブリックの独特の色彩というか、1980年制作だから単純に古いだけなのか、あの記憶の薄闇の向こうに霞むような色合いの世界に、デジタルゴリゴリのキャラクターたちが違和感なく溶けこんじゃって、うわあって声出しちゃったよね。だって、あのコロラドの山奥のホテルって、すんごく怖いけど、誰だって一度は行ってみたいと思うでしょ?そんな願いをヴァーチャルに叶えてくれるやさしいスティーブンおじさん。

くしくも冒頭のシーンを見ていたとき、なぜかシャイニングのオープニングの長回しを思い出したんだよな。

スピルバーグって、シリアスなのも撮るけど、いつまでもちゃんと〈子ども向け〉に徹してて素晴らしいですね。そのへんを徹底しているピクサーとかジブリ、ウォルト・ディズニーと同じで、ガキどもやずっとガキなおっさんたちにいつまでも夢を見させてくださいな。

関連記事

  1. 映画

    クドカンここにあり!ドラマ『ごめんね青春!』が僕を笑わせて泣かせる5つのポイント

    (画像は公式サイトからお借りしました)各方面から「とてつもなく…

  2. 映画

    これ予想以上や!全身で映画を「体感」する4DXシアターのリアルな体感レポ

    数年前に、IMAX3Dで『ゼロ・グラビティ』を見てから、映画鑑…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. レビュー/買物

    自分だけの最高のツールに出会うこの快感に名前をつけて!__ロディアとエルバンと僕…
  2. コラム/エッセイ

    「カバンが重くなるからお弁当いらない」と言ってしまったことを私は死ぬまで忘れない…
  3. ガジェット/家電

    BenQの31.5型4Kディスプレイを書斎の壁掛けサブディスプレイにして遊びまく…
  4. 書籍/小説

    [ 日刊CL*4 ] トイレでビジネス書を読むのをやめた話。2013/12/20…
  5. 湘南

    江の島でブログを書く男(湘南ノマドの挑戦・サムエル・コッキング苑編)
PAGE TOP