なんか、勘違いしてる人が多いみたいだけどね、〈飽きる〉って、スゴくいいことなのよ。

人は〈飽きる〉から、どんどん流れて、澱まずに、進んでいくんだもの。

好きなことでも、大好物でも、飽きるときは飽きる。飽きたらイヤになる。

そんで、飽きたら、べつのことを選べばいい。べつのものを食えばいいじゃん。

そうやって、サイクルしていく中で、自分にフィットするものは、飽きても飽きても何度もやってくるんだから。

自分にとって大切なものって、いつも手元にあるんじゃなくて、何度もやってくるんじゃないかな。

「飽きっぽい人」とか、他人が揶揄してるだけのおかしな言葉だよ。関係ねえよ。

オレもさ、小説ばっかり読んでる時期、映画ばっかり見てる時期、オートバイばっかり、ギターばっかり、とか、いろいろフェーズあるけど、やっぱり、どんな好きなもんでも、飽きるもんね。

人もそうじゃん。同じ人とばかり話してたら飽きるよ。世界が広がらないんだもん。

だからって、奥さんに飽きたから浮気するとか、仕事に飽きたから転職するとか、そういう話じゃないよ。わかってるよな。そんなバカじゃないよね。ゴメンね。

愛する大切な家族だって、四六時中一緒にいたら息が詰まるわけで、バカな友だちと遊んだり、一人旅してみたりさ。

——飽きたらべつのほうへ流れる、ってのをやってると、違った発見があったり、知らなかった世界が広がったり、いつも新鮮なの。

好きなことが、いつも新鮮なのよ。コレって、じつは、スゴくない?

違うことやってるうちに、うわー、やっぱ小説ってクールだなあ、文芸ってたまらねえ!映画ってヤベえ!ってなるんだよな。

オレは小説を愛する者である、とか、オレはバイカーだ、とか、自分を決めちゃうと、限定されちゃって、息苦しいし、思考も狭いし、自分も楽しくないじゃん。ブロガーって括りは、昔から嫌いだった笑。

ふと、流れに身をゆだねるようになってから、いろんなことがくるくるサイクルして、いつも新鮮で、楽しくなったよ。

最近はけっこうブログ書いてるけど、また飽きるかもね。

そしたら別のことなんかやって、もしかしたらまたブログ書いて、何してるかわかんないな。

逆にさ、ひとつのことを、飽きもせず、もうひたすらやってる人っているでしょ。

もう、それはそれで、最高じゃないのよ。

飽きる人も、飽きない人も、飽きることも、飽きないことも、いろいろあって、トータルでしょう。

誰かになろうとするのはやめようってことだぜ。

R0026341

定期的に食べたくなる細切り肉そば。毎日じゃない、回ってくる。

R0026347

👇 最近飽きずにずっとやってるのがコレ。よくできてんな。

created by Rinker
任天堂
¥5,720 (2019/12/13 12:30:44時点 Amazon調べ-詳細)