コロナもだいぶデータが出揃ってきて、いろいろ考えちゃうよね。

全景を見れば、そろそろ一辺倒な自粛はやめて経済を動かさないとそっちの被害のほうが大きくなるってのは明白だし、かといってすぐには動けないしさ。

そんな風にアレコレ考えちゃう今こそ、何も考えない映画見るとスッキリするね。

ボクはこの前、たけしのヤクザ映画を延々と見ててね。

『アウトレイジ』と続編。あと『BROTHER』も久しぶりに。

アウトレイジはいいね。シンプルでストレートで乾いてて。

なんだコノヤロー!
なめてんのかバカヤロー!
なめてねえよコノヤロー!
ぶち殺すぞバカヤロー!

っつって笑。

『ソナチネ』みたいなじっとり肌にまとわりつくような息苦しさはなくて。

ものすごくシンプルなことやってんですよ。

主人公がこれでもかというくらい理不尽なことされて、ガッツリ鬱屈させられるの。

見てるこっちも、オイオイふざけんじゃねえよとジリジリ鬱滞してきて、だんだんコノヤローバカヤローが溜まってきたところで、

バン!バン!バン!

そりゃ全員悪人だからね笑。

みんな己の私利私欲のために動いてるからね。

敵の裏をかきまくりなんだけど、人としてどう見られたいとか、そういう浅はかな裏じゃないから、行動原理がどシンプル。

やられて、鬱屈して、やり返す!

これが気持ちいいわけですよコノヤロー!

今みたいなときだからこそね、左脳を休ませて、右脳でバン!バン!いいっすよ。

わかったかバカヤローコノヤロー!

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥3,300 (2020/10/21 22:24:48時点 Amazon調べ-詳細)

☞ 悪人も俺もあんたも、死んだらハイさいなら。北野監督が描きつづける「死」ってやつについて。『アウトレイジ 最終章』