映画

傑作揃いで選びきれなーい!けど選んだ2015年映画オレ的ベスト10

2015年はとにかく映画が大豊作で、よく劇場に足を運んだ一年だった。

個人的なベスト作品を10位までまとめたが、順位は非常に僅差で、どれが1位になってもおかしくないくらいどれも素晴らしい作品だった。見ていない作品があれば参考にしてほしい。

【第1位】シェフ 三ツ星フードトラック始めました

映画豊作の2015年において最終的に僕の心を打ちぬいたのは、痛快に笑えるハートウォーミングなこの一作。マイアミの突きぬけるような青空とキューバ音楽と底抜けに明るいキャラクターたちが、いつまでも元気をくれることでしょう。誰も憎めない。気づいたら笑ってる。キューバサンド食べたい!サントラも最高です。元気出していこーぜー。

【第2位】クリード チャンプを継ぐ男

Creed1

「またロッキーかよ」という世界中の映画ファンの失笑をはねのけて、クールでスタイリッシュなまったく新しいロッキーワールドを作りだした。監督が代わるだけでスタローンも別人のよう(笑)。僕のようなロッキー世代はともかく、試写会場で若い人たちの啜り泣く声がやまないのには驚いた。めちゃくちゃ熱い映画なのに、スタイリッシュなのに、泣けるロッキーなんです。

▶『クリード チャンプを継ぐ男』レビュー/全く新しいロッキーがカッコよすぎたのでちょっと走ってくる!

【第3位】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

自分でもこれが2015年ベストになるだろうと思うほど衝撃を受けた作品なんだけど、よもやの大豊作でまさかの3位転落。とはいえ今年僕があらためて映画という芸術に胸を躍らせたのはこの作品があったからなのは間違いない。ひとことで言うと「こんな映画見たことない!」。文句なしにおもしろい。後世に残る傑作でしょう。

▶ 映画『バードマン』超ネタバレ!ラストシーンに隠されたライラックの謎とホイットマンの詩について

【第4位】駆込み女と駆出し男

Kakekomi

日本映画・時代劇作品のすばらしさを痛感させられた一作。大泉洋という軽快なキャラを主人公に据えながら、物語はあくまでも軽いタッチで進行しながらも、気づいたら胸に熱い思いがこみあげて、涙が浮かんでいる。笑わせて笑わせて泣かせる。チャップリンの時代からつづくエンターテイメントの核心を突く大傑作。すばらしい役者陣が、原田監督の手腕によっていつもより輝いている気がします。う〜ん、これを1位にしたくなってきたなあ(笑)。

▶『駆込み女と駆出し男』感想&レビュー!素晴らしすぎてかなわない大傑作!

【第5位】マッドマックス 怒りのデスロード

Madmaz

かつてこれほどマッドな映画があったでしょうか。ひとことで言えば「狂ってる」(笑)。それ以上は言えない。とにかく見てください、としか言えない。のだけれど、これこそ劇場で見なければ魅力は半減なのも事実。リバイバル上映がありそうな作品なので、まだ見てない人はそういうのをチェックしてぜひ劇場で見てください。バイオレンスアクションは苦手という人も含めて、人は誰でもこういうのを見ておくべきです。映画ってスゴイんです。

▶ こんな映画観たことない!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ヤバすぎ!映画超進化してる!ぶっ飛び!

【第6位】マイ・インターン

Theintern1

アン・ハサウェイとデニーロという大好きな二人の主演というだけでもウハウハなのに、とっても素敵な物語にとろけました。IT業界でバリバリ成り上がるアンちゃんと人生を悟りきったデニーロじいさんが、僕らみんなの心を溶かしてくれます。こういうアメリカ映画っていつまでもなくなってほしくないですね。とっても心温まるのに教訓に溢れた傑作です。

▶ アン・ハサウェイより可愛いデニーロじいさんは「みんなのおじさん」___映画『マイ・インターン』

【第7位】悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46

Kanashimi

自分でもまさかのアイドルグループのドキュメンタリー映画がランクイン。成長の物語です。普遍の物語です。家族の物語です。誰もが通る物語です。だから心に響くんです。僕らと同じように彼女たちも活きているんです。だから涙が溢れるんです。それにしても結果的にまったく興味のなかった僕みたいなおじさんが乃木坂46を応援したくなっちゃってるんだから秋元さんにはかなわないっす(笑)。家族を愛するすべての人に見てほしい。

▶『悲しみの忘れ方』のあったかい悲しみを、ボクは決して忘れないよ。

【第8位】スターウォーズ フォースの覚醒

Sw7(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

なんだかんだ僕の中ではシリーズ最高傑作です。

▶ 駄作の匂いがプンプンした『スターウォーズ/フォースの覚醒』はボクの勘違いだったみたいだよ

【第9位】セッション

Session

これもすごかった。僕はまわりのとてつもない前評判に踊らされて期待値を上げすぎてしまったせいで拍子抜けしたけど、何も知らずに見たら度肝を抜かれたと思う。

▶ 映画『セッション』鑑賞直後の熱く正直な感想文・ネタバレなし「過緊張の連続で心臓の弱い人はヤバい死ぬ」

【第10位】リトルプリンス 星の王子さまと私

Littleprince

いつまでも子ども心を持ってていいんだって教えてくれた作品。思わず「星の王子」さまの原作も買ってしまった。現実に疲れた大人こそ見てください。

▶ 大人の灰色の日常をワクワクの夏休みに戻してくれる映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』

関連記事

  1. 映画

    エリカ様の想像を超える濡れ場の連続。『へルタースケルター』

    若い頃、岡崎京子の暗い漫画が好きだったのと、蜷川実花監督の『さくらん』…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. イベント

    五反田『VACANCY OFFICE』は、我が家のように落ち着く隠れ家的コワーキ…
  2. こころハック

    バカはあなたの涙をぬぐう!落ちこんだときに必ず元気をくれるミュージックビデオ!
  3. プロのカンタンレシピ

    10分でおいしい!キャンベルスープでクラムチャウダーパスタの作り方
  4. レビュー/買物

    ぼくが死ぬまで飲みつづけると決めたワインとプロセッコ「一生の銘柄」
  5. Apple/Mac

    【ToDoリスト】読書メーターをiPhoneの書籍専用買い物リストにしたよー☆
PAGE TOP