セミナーで学んだこと活かせてますか?学びを実践するためのセミナーメモの取り方

DropShadow ~ IMG 2018

有意義なセミナーを受講してテンションが上がって、もう成功したような気になったのだけれど、しばらくしたら何も変わっていなかった、なんて経験がありませんか?

ビジネス書にも言えることだけど、大事なことは学んだことを実践し、習慣化すること。

ということで、学んだことを活かすためのセミナーメモの取り方を紹介します。

 

 

1.パソコンでメモをとる

用意したノートや資料に直接メモを書きこんでもいいのですが、後で読み返したりまとめたりするときのためにも、僕はEvernoteにメモをとっておきます。紛失する心配も少ないですからね。

2.テンプレートを作る

セミナーを受けていると「いいなと思った言葉」や「これは絶対やろうと思ったこと」、「読んでみたい本」や「試してみたいアプリ」などがどんどん出てきます。

けれどそれらを闇雲にメモしていたら、ぐちゃぐちゃになってしまって、後で見返すのが苦痛になってきます。

そこであらかじめEvernoteにテンプレートを作っておきます。

メモ

セミナーの中で重要だと思ったこと、役に立ちそうだと思ったことなどを、どんどん書いていきます。

資料に同じ事が書かれていたとしても、あらためて書き出すことでまとめていく感じの主要なメモなので、ここはたくさん書きこむことになります。

例)あなたのブログの最大の読者は「あなたの一歩後ろを歩いている人」である

To Do

セミナーで学んだことのうち、実際に行動に移そうと決めた具体的なことを書きます。ここ最重要です。

例)読まれる記事を書くポイントをまとめる

気づき

受講している間や、誰かとの会話の中で気がついたアイデアや気づきをメモします。セミナーの内容と違っていてもかまわないので、何でも書きます。

例)セミナーは内容も大事だけど、同じ志を持った人たちとたくさん知り合えるのがいいなあ

ブログ&サイト

参考にしたいブログや読んでみたいブログ、Webサイトなどをメモしておきます。

例)あさこ食堂、オレガジェット

書籍

紹介された書籍などをメモします。

例)「スピード・ブランディング」鳥居祐一

アプリ

紹介されたアプリ、誰かに教えてもらったアプリなどをメモします。

例)Todoist

重要

メモやTo Do、気づき、書籍など、上記のすべての項目から、もっとも重要で忘れたくないものを、あらためてここに書いておきます。

時間がなくてセミナーの内容をまとめられないようなときでも、ここだけ見れば、最低限のことは身につけられるようにしておきます。

3.ブログでアウトプットする

せっかくうまくメモにまとめても、復習しなければ忘れてしまうし、行動に移せません。

自分だけで理解するのではなく、「他人に発信する」という一手間を加えることで、より深く学び、自分のものにすることができます。

じつは大事な懇親会

セミナーに参加するとわかることですが、大切なのは受講内容だけではありません。

懇親会で出会った同志たちや著名人のゲストの方々、ひょんな会話から生まれた新しい方向性、気づきなど、学ぶことは多いです。

それらをなるべく取りこぼさないように、今後も工夫していきたいと思っています。

参考記事

▶ セミナー行きっぱなしになっていませんか?セミナーレポのススメ | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++.

読まれるブログを書くために、僕が気をつけている2つのポイント。 | CLOCK LIFE*



『アクセス10倍アップ ブログ&SNS講座 in 東京』で目から鱗が落ちた7つの学びと実践 #nsl19 | CLOCK LIFE*

2 件のコメント

  • 竜さん
    はじめまして、メモの取り方を検索してたどり着きました。
    色々な方法があるのですね。
    急いで書いているということもありますが、
    いつも、メモを読み返すと、なにを書いているのか解読できないことが多々あります。
    参考にさせていただきます。
    ありがとうございます。

    • キロルさん

      この記事も古いのでアレなんだけど、メモや日記はレビュー(見直す)ことが一番重要なので、そこに気をつけたいですよね。
      最近は、なんでもガンガン書いて、どんどん捨てる感じのメモ術になってます。

      http://clockworkapple.me/?p=22050

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です