書籍/小説

角川はセールで安く買え!信頼する読書家ブロガーからオススメされた「読みやすくてオモシロイ小説」11選まとめ

DropShadow ~ IMG 3197

ビジネス本や実用書ばかり読んでいると、人生は色を喪っていく。

有用な知識や情報は生活を向上させてくれるけど、素敵な小説は日常にささやかな喜びをくれます。

ということで、僕が小説や文学において信頼を寄せているブロガーの方に教えていただいた「人生に彩りを与えてくれる小説11選」を紹介します。

 

ファーさん(@fahrenheitize)オススメの「軽くてオモシロイ小説」11選

いつまでも女心がわからない人に知って欲しいたった1つのこと – My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

『My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only』のファーさん(@fahrenheitize)は、高い文章力と洞察力で人気の若きはてなブロガー。

恋愛系の記事でいくつもホッテントリを取っているので、知っている人も多いだろう。

男女関係の記事が人気なので、一見するとチャラい系に誤解されがちなんだけど、その根底には、文学に対する深い素養が隠されている、とても信頼のおける人。

そんな彼に僕が「軽くて読みやすくてオモシロイ小説教えてください!」ってお願いして、オススメしてもらったのが以下の11冊。(各コメントはファーさんのものです)

『悪人』吉田修一

吉田修一はヤマがない小説なんですが、すごく空気感を作るのが上手くて好きです。「悪人」は映画にもなりましたが、原作がたまらなく良いです。吉田修一のなかでは分かりやすく盛り上げている作風です。

『パレード』吉田修一

パレードはサスペンス調でありながらひとひねりされていて違う意味でゾッとします。同時期に芥川賞作品になったパークライフで僕は彼を知りました。そちらもオススメです。

『女たちは二度遊ぶ』吉田修一

こちらはファーさんが書評を書いてます。

▶ 愛されるより、忘れられない女になる 『女たちは二度遊ぶ』/吉田修一 – My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only.

ドラマ化もされてた!

『グミ・チョコレート・パイン グミ編』大槻ケンヂ

『セカンド・ライン』重松清

エッセイ集です。ぼくが「人に伝えるように書く」「上手い文章とは」を教えられた、物書きを目指す自分の礎になっている著作です。

『疾走』重松清

あたたかいファミリーストーリーを書いていた彼が、骨太の重苦しい作風に初めて挑戦した名作です。

『青春デンデケデケデケ』芦原 すなお

かるーく読める本です。ビートルズに憧れた高校生の青春バンド小説です。

『阿修羅ガール』舞城 王太郎

僕が大学生くらいの頃が、文学で舞城王太郎が注目されていた時期で。ライトノベル的な作風なんですが、何となく心に残る部分があったのがこの作品でした。ホント邪道な小説なんですけど(笑)

『愛と幻想のファシズム』村上龍

読まれたことあるかもしれませんが、これとコインロッカー・ベイビーズの圧倒感は凄い、と。愛と幻想は”カリスマ性”とか”カルト”とか”不安のある世の中の民衆”について本当に上手く書いている。

『コインロッカー・ベイビーズ』村上龍

ちなみに、村上龍は1970年代、1980年代のエッセイ集があるのですが、どちらもオススメです。若いころの70年代の龍と、感性と知性のバランスが取れている80年代の龍。90年代以降にはない魅力が出ているエッセイ集です。

『夜は短し歩けよ乙女』森見 登美彦

可憐な乙女に恋するDT魂、深刻に悲劇を語る滑稽さ、電気ブラン等で時折出てくる大正ロマン、悔しいことにハマってしまう面白さを持っている小説です。

@RyoAnnaさんオススメの「重力を忘れる小説」5選

脅威の5000はてブ到達記事『読みやすい文章を書くための技法』でもお馴染みの超有名ブロガー@RyoAnnaさんオススメの「重力を忘れる小説」は以下の5冊。

『五分後の世界』村上龍

『容疑者Xの献身』東野 圭吾

『今夜、すベてのバーで』中島 らも

『すベてがFになる』森 博嗣

『重力ピエロ』伊坂 幸太郎

今なら角川文庫のセールでKindle版が安く買えるよ!

いつまで続くのかわからないけど、角川文庫がセールをやってるので、買うなら今です!

僕も16冊も買っちゃった!

▶[ 日刊CL*37 ] AmazonでKindleの角川作品70%オフやってるからガンガン買ってる!2014/01/22 | CLOCK LIFE*.

今後もこういう安売りがあれば、電子書籍の裾野も広がって、楽しくなりそうですね!

僕は今、吉田修一さんの『女たちは二度遊ぶ』を読んでいるんだけど、すごくいいですよこれ。自分が経験した恋愛じゃないのに、どこかノスタルジーを感じさせる物語が、淡々とした文章に乗って語られるのが、沁みてきます。

ふだん小説を読まない人も、たまには他人のストーリーで、心に潤いを与えてみてはいかがでしょうか。

ファーさんRyoさん、ありがとうございました!

※今日現在、角川文庫の(2014/01/29)70%オフは終わってますね〜。

ちなみに僕がオススメする5冊はこちら

あの部屋の光景が浮かびあがる小説 #5novels | CLOCK LIFE*

フィクションが足りないと、人生は色を失っていく。 | CLOCK LIFE*

[ 日刊CL*36 ] 中二の長男には、僕の本棚をどんどんあさってほしいと思う。2014/01/21 | CLOCK LIFE*

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    正論を捨てて、幸せになる。__ネット時代だからこそ小説を読む。

    人はなぜ、小説を読むのだろう?ネット隆盛、出版不況の時…

  2. コラム/エッセイ

    又吉直樹『火花』に詰まった切実に頭がくらくらした。

    書店の一番目立つところに平積みされていたので、又吉直樹・著「火…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. Apple/Mac

    iPhone5のクールな壁紙を簡単にゲットできるアプリ『Retina Wallp…
  2. キャンプ/アウトドア

    お花見や公園で大活躍!コールマンのレジャーシートが厚手のふわふわでお尻も気持ちい…
  3. プロのカンタンレシピ

    簡単バカうまパパごはん!ケンタロウ感動の「鶏鍋(タッカンマリ)」の作り方
  4. こころハック

    大丈夫を思い出すキャンプこころハック
  5. フィットネス / 健康

    『asics GT-2000 NEW YORK 3』はビギナーにもちょうどいい本…
PAGE TOP