映画

人生はつらくても、甘い夜はちゃんとある。大事な人はきっとそばにいる。『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]
 

アメリカのロードムービーを見ていると、必ずドライブインみたいな、いわゆるアメリカン・ダイナーというところで食事をするシーンが出てくる。

食べてる料理はあんまり映らないんだけど、なんかパンケーキとかスクランブルエッグとかパイみたいなのをフォークで乱雑に口に運んでいる姿を見ていると、すごく美味しそうで、いてもたってもいられなくなる。

映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』にも、とても素敵なカフェが出てくる。

失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、恋人がよく訪れていた近所のカフェに通うようになる。「ふられた理由が知りたい」というエリザベスに、カフェのオーナー・ジェレミー(ジュード・ロウ)は言う。

「理由なんてないさ。パイやケーキと同じ。毎晩店を閉めるとき、チーズケーキとアップルパイは売り切れ。ピーチ・コブラーとチョコレート・ムースもほぼ完売。でもブルーベリー・パイは手つかずで残ってしまう」

「何がいけないの?」

「理由なんて何もない。パイのせいじゃなく注文がない。選ばれないだけ」

売れ残ったブルーベリー・パイは、食べてみるとすごく美味しくて、エリザベスはなんとなく納得してしまう。

Mmm... twice berry pie
Mmm… twice berry pie / jeffreyw
 

毎晩話をしているうちに次第に惹かれあう二人だが、エリザベスは傷心を抱えたまま旅に出てしまう。メンフィスではアルコール中毒の警官と別れた妻の切ない愛情に触れ、ラスベガスでは人を信じることができないギャンブラーの美女(ナタリー・ポートマン)と旅をする。

エリザベスは旅先で様々な愛のかたちを見つめるうちに、人を愛する、人を信じるということをあらためて考えさせられて、ジェレミーに会うためにニューヨークに戻る。

傷ついて、旅に出て、大切なものに気づいて、帰ってくる。物語はそんなありきたりなものだけど、しっとりと心に沁みるのは、僕もすこし人生に疲れているからだろうか。

New England Diner
New England Diner / ReneS
 

本作の公開は2007年。当時からノラ・ジョーンズの熱烈なファンであった僕は、大好きなシンガーである彼女が女優をやるということが認められず、なかなかこの映画を観る気になれなかった。

しかも美しい映像で恋愛を描くことにかけては右に出る者のいないウォン・カーウァイが監督で、相手役はジュード・ロウ、そして映画のタイトルがこんなにスウィートでは、どうせ甘ったるい恋愛映画に仕上がっているだろう、と思いこんでしまっていたのだ。

余談だが個人的に、ナタリー・ポートマンはこの映画が一番可愛いんじゃないだろうか。派手で生意気なギャンブラーという設定は、場所が日本ならギャルといったところだろうけど、そのはすっぱなキャラが思ったよりマッチしていたし、彼女が秘めた父親への想いもまた、余計に切なく感じられた。

ジュード・ロウは王道すぎる美男子で、こんな男がカフェのオーナーやってたらいくらでも女性客が来るわい、とつっこんでやりたいところだが、来世は彼のような容姿で生まれてきたい、というのが偽らざる僕の本音だ。英国なまりも悪くない。

男女の愛は甘いだけじゃない。すれ違いもあるし、選ばれないことだってたくさんある。人生はブルーベリー・パイほど甘くはない。けれど人生には、やっぱり甘い夜もちゃんとある。大事な人はきっとそばにいる。そんなことを教えてくれる映画だ。

▶ トレイラーはこちら



オススメの関連記事

旅に出よう、できれば荒野へ。『イントゥ・ザ・ワイルド』 | CLOCK LIFE*

体を張った松たか子に女優の本気を見た!西川美和監督の傑作『夢売るふたり』 | CLOCK LIFE*

関連記事

  1. 映画

    僕らは何を求めて生きているんだろう『おおかみこどもの雨と雪』

    それにしてもまず感じたのは、子どもを持っている人とそうでない人…

  2. こころハック

    ピーター・パンの「パン」の意味___映画『PAN』

    ピーターパンのパンって「勇者」って意味なんだってー。この前試写…

  3. 映画

    狂気ドバドバ。中村文則『銃』映画化は2018年11月公開。『百円の恋』の武監督。

    原作スゲえよかったですからね。アリスちゃんとリリーさん出てるならもうオ…

  4. 映画

    MADが目を覚ましたヤツは、ゲームでも「マッドマックス」にやられちゃいなよ!

    (画像:Amazon)6月20日公開の『マッドマックス 怒りの…

  5. コラム/エッセイ

    <超ネタバレ>『何者』はホラー映画なので心臓の弱い方は……。

    イマドキの若手俳優勢揃いなのでよくある恋愛ものかと思ってたんだ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    今年は前情報見ないでガンガン映画見にいこうっと。
  2. コラム/エッセイ

    ホーケーがバレたら失敗?借金したら失敗?自分が『失敗』と呼んでる事象があるだけよ…
  3. こころハック

    37歳をすぎた僕らが望みの人生をおくるための心技体。
  4. ガジェット/家電

    くるくる回転させるIKEAの万能タイマークロック「LOTTORP ロットルプ」が…
  5. Apple/Mac

    iPhoneのホーム画面からミュージックが消えた日『exfm』
PAGE TOP