バイクにiPhoneを装着するスマホホルダーがあればナビもいらない?(組立とiPhone装着編)

DSCN5422

北海道バイク一人旅に向けて、iPhoneをハンドル部分に装着するスマホホルダーを購入しました。

これがあれば、GoogleMapのナビでどこに行くのもラクちん。

まずは開封からiPhone装着までの様子をお届けします。

デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-250D

DSCN5394

▲ こんなパッケージ。比較はiPhone 5s。

DSCN5395

▲ 裏面

DSCN5399

▲ 梱包されてるもの全部。

DSCN5400

▲ こちらが本体

DSCN5401

▲ 本体裏側

DSCN5405

▲ 本体をハンドルに固定する部分

DSCN5403

▲ マニュアル。うへえ、けっこう細かい!

iPhone 5sを装着してみる

DSCN5408

▲ 本体裏側のプラスネジをゆるめると……

DSCN5409

▲ ホルダーの上下部分が動くようになるので、スマホのサイズに合わせたら、ふたたびネジを締めて固定します。

DSCN5411

▲ iPhone 5sを装着したところ。両サイドのカバー部分は手で自由に押しこむことができます。

DSCN5413

▲ サイドカバーはこんな感じ。iPhoneにあたる内側はやわらかいスポンジ素材になってる。

DSCN5414

▲ 裏側下部にあるこの赤いレバーをカチッと下げると、両側のサイドカバーがパカーンと開く仕組み。

DSCN5419

▲ ハンドルに固定する部分もネジでしっかり装着。

DSCN5421

▲ 完成するとこんな感じになります。上部に半透明のゴムバンドが付いてます。

DSCN5424

▲ 僕の場合、常にバイクに装着してるわけじゃないので、工具やマニュアルと一緒にIKEAのジップロックに入れてバッグに入れておきます。

上下左右に動く便利なやつ

最近の製品がみんなシンプルで、マニュアルいらずに慣れちゃってるせいもあるんだけど、組み立てにちょっと戸惑いました。

完成してみれば、とくに複雑なつくりではないことがわかるんだけどね。

まあでも1回組み立ててしまえば、もうバラすこともないので、はじめだけがんばりましょう。

北海道で十日間使ったけど、本当に便利でしたよ!

上下左右に調整できるので、自分のバイクに合わせた設置箇所と角度が選べます。

あと僕は試してないけど、iPhone 6Plusはカバーなしでギリギリいけるとか。

バイク装着編はこちら

スマホホルダー

USB電源