自分の「気持ちいい暮らし」を思い出す

R0000580

この前テレビで、リリー・フランキーさんが「暮らしている場所によって生活の優先順位が違う」というような話をしていた。「田舎はセックスと酒ばっかり」とリリーさんは笑う。

ぼくはすこし前に、青山の実家と茅ヶ崎の自宅を行き来する生活をしていたので、すごくよくわかる。

青山ではお昼ごはんを食べに出かけるときでさえ、着るものに気をつかう。通りを歩く人はみんなピカピカの靴を履いているし、ボロボロの服を着ている人だって、計算して洗練されたボロボロをまとってる。

茅ヶ崎ではファッションの優先順位はより低い。気をつかわないわけじゃないけど、キメすぎたら逆に浮いちゃう。それぞれの街に似合った服装がある。

青山ではお洒落で落ちつくカフェを探すけど、茅ヶ崎では海辺のよく日があたるぽかぽかポイントを探す。青山の夜は遅く、茅ヶ崎の朝は早い。みんなそれぞれの場所で、自分の優先順位を守って、気持ちよく暮らしてる。

ネットやSNSで人の間の距離が縮まって、楽しくもなったけど、それぞれの暮らす場所の、それぞれの「気持ちいい暮らし」までが縮まって、同じところに向かっていきそうなのは、なんだか寂しい。

みんなのやりたいこと、みんなの住みたい場所、みんなの優先順位が、同じはずはないのに。

誰かに憧れたり、羨んだり、違うなあと苦笑したとき、ぼくは自分の「気持ちいい暮らし」を思い出すようにしている。ぼくが選んだ場所と、ぼくが選んだ生き方を。

今の優先順位は、仕事より将来より家族のこと。あと出っぱりすぎたお腹のこと。時が経てばそれはまた変わる。でも誰かの順位とはいつも違う。人それぞれ、Life goes on.