コラム/エッセイ

壊れないロールスロイスとお姫さま。

Vanden Plas Princess
Vanden Plas Princess / pyntofmyld
最近は歳のせいか、街を歩いていて珍しい車を見かけても昔ほど気に留めることはなくなったのだけれど、いまだにヴァンデンプラ・プリンセスが走っていると、思わず振り返って目を奪われてしまう。

サイズ感は往年のミニクーパーなのに、フェイスや後ろ姿はロールスロイス。コンパクトなのに優雅で、気品に溢れ、まさにお姫様が乗っていそうな出で立ちだ。

ヴァンプラは英国の貴族など上流階級の人たちがプライベートでいつくしんだ車で、皮革と木材による内装は職人が手作業で丹精をこめてこしらえたものだ。

今でもリッツなどの高級ホテルにおいてはロールスロイスと同じ扱いを受けるそうで、『ベビーロールス』と呼ばれたりもする。ヴァンプラを蔑ろにするホテルマンは一人前だと認められなかったとか……。

とはいえ、排気量は1100cc or 1300cc。とてもショーファードリブン(運転手付き)とは思えないサイズだが、大型高級車の手法をそのまま持ちこんだ顔立ちと雰囲気は、やはり最上級を醸しだしている。

そういえば村上春樹さんがエッセイで書いていたと思うんだけど、昔のロールスロイス社は排気量を一切公式発表していなかったそうだ。電話をかけて聞いてみても答えは「イナフ」とだけ。「お客さまを満足させるのに “じゅうぶんな” 排気量ですよ」といったところか。

他にもロールスロイスには有名な逸話、というか都市伝説がある。

ある大富豪がロールスロイスで大陸を横断する冒険旅行を楽しんでいたときのこと。辺鄙な山奥を走っているときに車が故障してしまったので、無線機でロールスロイス社に修理の依頼をすると、ほどなくしてヘリコプターが飛んできて、あっという間に故障を直して、そのまま飛び去ってしまった。

無事に旅を終えた富豪は、ロールスロイス社に電話をかけて感謝の意を伝えた。

「先日は故障で困っていたところ、迅速な対応で命を救われました。本当にありがとうございました」

ロールスの担当者はこう答えたという。

「何かの間違いではございませんか? ロールスロイスは、絶対に故障しません」

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    ぼくがいちばん好きな映画「駆込み女と駆出し男」をあらためてとことん語ってみるよ。

    いちばん好きな映画は何ですか?って訊かれていつも悩むのは、好きな作品が…

  2. コラム/エッセイ

    そんなときはいつも、シェフの甘いコーヒーを思い出す。

    イタリアンレストランで真面目にコックをやっていた頃の話。…

  3. コラム/エッセイ

    他人のゾーンに引っぱられない。

    双極性障害、いわゆる躁うつ病というのは、ざっくり言えば、大きな…

  4. コラム/エッセイ

    俺また泣いた!プレゼントの中に隠された、本当の贈りもの。

    先日、「誕生日が近いので皆さんプレゼントをくださいな」という記…

  5. コラム/エッセイ

    ドロボーさんが財布を返しに来てくれた話

    先日、夫婦で散歩がてら銀行へ行ったときのこと。家内がA…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ファミリー

    「みんなでのんびりすんべー」っていうお出かけは家族で話す時間が増えるよ
  2. キャンプ/アウトドア

    アウトドアイベント『feel EARTH 2014』@北軽井沢で思いっきり楽しん…
  3. コラム/エッセイ

    僕の一月は幻だったのか。just like starting over. [ 日…
  4. 夢を叶える

    誰もが誰かのヒーローになれる!僕がアメイジング・スパイダーマンになるために決めた…
  5. Apple/Mac

    やさしい時の流れだけが、くっきりと写りこむ定点写真。『Photo Booth』
PAGE TOP