うちの家族はみんなバラバラだから、みんな幸せ!

 

Photo 1429277005502 eed8e872fe52

今、わが家は過去最高に幸せだと言ってイイでしょう。

高校生の長男は思春期でブスッとしてることが多いけど、小学生の姉妹はしょっちゅうケンカしてるけど、ママは仕事で疲れていつも眠そうだけど、パパは幸福度と同様に体重も過去マックスになりつつあるけど、

それでもやっぱり、人生で今がいちばん幸せ!

それは、僕らの家族がバラバラだからだと思うんです。

家族全員が好きなことをやっている

僕らの家族は毎日、みんな好きなことだけやってます。

夏休みだからみんな家にいるんだけど、みんな基本的には別々のことをやってる。

僕は海へ行って、旅に出て、おもしろそうなモノを買って、本やマンガを読んで、映画を見て、ブログを書いて、おいしいもの食べて、人の相談に乗って心の縛りを解いたり、昼寝したり。

家内は、今やってる介護の仕事が本当に性に合っているようで、シフト入れまくってガンガン働いて、休日も研修に行って、家ではお菓子を作ったり、週末の晩には一人でドライブへ出かけたり。

長男は部活へ行ったり、友だちと映画を見にいったり、お祭りへ行ったり、勉強してみたり。

二人の娘も毎日気の向くまま、ろくに宿題もやらずに、iPadで遊んだり、ニャンコとじゃれたり、公園で泥んこになったり、一日中hulu見てたり。

こうやって書き出すと、家族でどこかへ行ったり、一緒に何かをしたり、という時間がないように見えます。いや、実際にあんまりないんです(笑)。

今年はパパがふらりと北海道へ行っちゃったし、いろいろ忙しいので夏の家族旅行もなし。毎年恒例のおじいちゃんちも今年はワケあってなし。

イベントというイベントがないのに、それでもみんなが最高に幸せそうに見えるのは、みんなバラバラに、好きなことだけやってるからなんです。

「幸せな家族」と「理想の家族」

かつての僕は、幸せな家族というものは、なるべくいつも一緒にいて、喜怒哀楽を分かち合い、なるべくたくさんの想い出を共有するものだと思っていました。

だから夕食時にはテレビを消して家族の会話を大切にしたし、一日に一度はみんなそろって話す機会を設けたり、キャンプや旅行など、休日には家族全員が参加するイベントを開くようにしていました。

週末の夜には必ず夫婦の時間を作って、映画を見たり、お酒を飲んだりして「意図的に」時間を共有していました。

でもね、それは「幸せな家族」ではなくて、「理想の家族」だったんです。

しかも「幸せな家族」を知らない僕が、勝手にでっちあげた、夢を見た「理想の家族」

 

「幸せな家族」というのは、家族の一人一人が、幸せだということです。

40をすぎたおっさんのパパも、こころが不安定な思春期の長男も、まだ幼い小学生の娘も、みんなが幸せだということ。

でもね、家族全員が、いつも同じ場所で、同じことをやっていて、みんなが幸せになんかなれないんです。誰かが、いつもムリをしている。

海へ遊びに行けば、パパや子どもたちは楽しいけれど、ママは暑いところが苦手だし、みんなのお世話が大変。

ショッピングモールへお買い物へ行けば、大人は楽しいけれど、子どもたちはガマンの時間の方が多い。

みんなキャンプは好きだけれど、だんだん長男は行きたがらなくなってきてる。

ゴハンを食べながら一日の話をしたって、大人はうれしいけど、子どもはめんどくさそう。

それぞれ年齢も経験も価値観も違うんだから、「幸せ」というのは家族間であっても違うはずなのに

「家族というのはいつも一緒にいるべきものだ」

という、よくわからない一言のみで、僕はこれまでムリをして生きてきたんです。

バラバラだからこそ、家族に本物の「愛情」が生まれる。

僕は本当は一人で北海道を旅してみたかった。

ママは大好きな仕事をめいっぱいやってみたかった。

長男は家族といるより友だちと遊びに行きたいし、娘たちはお菓子とアニメが一番。

そんなふうにみんながワガママになったら、家族の心がバラバラになっちゃうって?

いやいや、まったく「逆」です。

ふだん自分の好きなことしかやってない僕らは、逆に家族が大好きなんです。

ふだん「自分」を大切にできているから、家族の大切さがよりわかるんです。

お互いの「自分らしく」を認めているから、お互いにやさしくなるんです。

「楽しいこと」ばっかりやってるから、家族の「楽しいこと」にも協力したくなるんです。

そして、ちょっぴり寂しくなるんです。

それぞれが別の好きなことに没頭しているから、そうでない時間には、寄り添いたくなる。抱きしめたくなる。すべてを許されるし、許せる。

だから、一緒にいるときは本当に仲良し。

「たまには子どもたちを遊びに連れて行かなきゃいけない」

といって遊園地へ行くのではなく、

「いつも僕に好きにさせてくれてる子どもたちを喜ばせたい!」

という気持ちで連れていくようになる。

どんなに仲のいい家族だってね、一つ屋根の下で同じことばっかりしてたら息が詰まりますよ。

家族や子どもを自由にさせたら、あなた自身も自由になれる。みんなが自由になったら、笑顔で自然と寄り添ってくる。それが本当に幸せな家族ってやつじゃないでしょうか。

とりあえず、毎日子どもたちに「夏休みの宿題やりなさい!」って怒鳴るのやめませんか?

あれはね、終わる三日前に悲鳴をあげながらやるもんだって、昔から決まってるんですから(笑)。

▶連絡先:りゅう