「あなたは本当は強いんだよ」って言われてイラッとしたけどそれは……。

昨年の夏に鬱で会社へ行けなくなって、その後も苦しくてしょうがなかったとき、ある人がメッセージをくれたんです。

「竜ちゃんは自分で思ってるより強い人なので、きっと大丈夫。」

僕はまだ暗い絶望の淵を覗きこんでいた頃だったし、毎日ただ生きているだけで不安で怖くてしょうがなかったので、ぶっちゃけイラッとしたんです。

僕が今どうなってるのかなんて知らないくせに、テキトーなことを言いやがって。

そう思った僕は、いつもお世話になっている方なのに、返事もしませんでした。荒んでたんです。

でも、ずっと心のどこかに引っかかっていたんです。

もしかして、僕は本当に、自分で思ってるより強いんじゃないの?

イヤイヤそんなこたあない。僕は昔っからメンタル弱いから。

それ、本当?思いこんでるだけじゃない?

ちげーよ!

自分で弱いって思いたいだけなんじゃないの?

ん?そうなの?そうなのかな?

僕は弱くて、苦しんでるから、誰か助けてーーー!って言いたいのに、

「本当は強いんだよ」って言われて、

「ちがうちがうちがうちがうーーーー!僕は弱ーーーーーい!」って思っちゃったんじゃないの?

強かったら、助けてって言えないじゃん!って思ってるんじゃないの?

って考えてるうちに、月日が流れていくうちに、気づいたんです。

あ、僕思ってたより強いわ(笑)

僕は強くなったんじゃなくて、気づいただけなんです。

僕は言われたときイラッとしたけど、じつは心の奥では「勇気」をもらっていたんです。

苦しみの渦中には気づけなかったけど、そのイラッとする勇気が、僕の背中を押してくれた。

だから最近は、竜さんとお話しする「人生相談」でも、相手の心に寄り添うだけじゃなくて、ちょっとイラッとするようなことをガツンと言うこともあります。

ぶっちゃけ言うほうも怖いですよ。

そんなこと言って怒らせるくらいなら、やさしい言葉だけかけてればいい。

でも僕とお話しして、今まで何十年も信じこんできた歪んだ常識や価値観を捨てて

新しい価値観の世界に飛びこもうとしている人は、たぶんもっと怖い。

その先に幸せがあるのはわかっていても、今まで信じてきた「世界」を飛び出すのは怖い。

だから、僕も怖くても言うんです。

イラッとしたり、モヤッとしたり、全力で否定してきたらもうけもの。

そこにあなたが「ハチミツみたいに甘い人生」の扉を開けるカギがあるんだから。

僕もたくさんの人に勇気をもらって幸せになりました。

だから今度はたくさんの人に勇気を届けたい。

立花岳志さん、その節はありがとうございました(笑)

▶ そうだ、竜さんに話してみよう

IMG 1434