映画

爽やかさが足りん!元気は隠れてる!何もかもぜんぜんタランティーノや!

 

『神様はバリにいる』っていう映画があって、実在の人物をモデルにしてるのね。バリバリヤンキー上がりのバリ島に住む資産何千億という大富豪の日本人で、通称そのまんま「アニキ」。

原案になった『出稼げば大富豪』という本は前に読んだことがあったの。

単身バリに渡って現地の人と好きなようにやってたらガンガン成り上がっちゃったオモロイおいちゃんなんだけど、映画だとそのオモロイアニキのキャラがたっぷり盛られて描かれていて、すごく楽しいんです。

映画としてどうこう言うより、最近のボクに足りなかったモノを補完してくれたんです。

じつはボクら人間にとっていちばん大事な「元気」ってやつ。

まず爽やかさが足りん!

その悲壮感たっぷりの顔もちゃうしなあ!

喋りもモゴモゴ何言うてるかわからんし!

そんでもって爽やかさが足りん!

何ヘコんでんねん!

オモロイダジャレのひとつも言うてみい!

白目剥いてみい!

苦しいときこそ爆笑するん違うんか!

そうやって必死のパッチのパチパチパンチで働いて、人々を豊かにするん違うんか!

今のアニキは何もかもぜんぜんタランティーノや!

__映画『神様はバリにいる』より

これ、映画の中でヒロインの尾野真千子ちゃんが、ガラにもなくへこんでたアニキに言うセリフなんだけど、ふだんはアニキがみんなに言ってることなんですね。

ここだけ抜粋すると、一昔前の根性論全開って感じしかしないけど、いつもダジャレばっかり言ってガハガハ豪快に笑ってるアニキを見てると、本当にだんだん「小さいこと」がどうでもよく感じてくる。もう理屈じゃないの。

ボクは基本的に心配変態だから、気づくとアレコレ心配してるんだけど、それってけっきょく世界に対して受け身になってるんだよね。

誰だって、アニキみたいに自分から笑って、自分から話して、自分からみんなを豊かにしようとしてたら、生活の些末な心配事とかホントどーでもよくなる

皆さんの人生相談に乗っていると、心の在り方に向き合って深掘りしていくことになることが多いのね。それもホント大事なんだけど、それ以前に、ただシンプルに

「自分から笑う」

ってのが、もっと大事なんだよね。

「元気が出ません」じゃなくて「自分から元気を出す」

元気ってね、絶対なくならないんだよ。

ないと思っても、あるんだよ。隠れてるだけ。

元気が出ないときは、恥ずかしいことをやるといいよ。

ボクは元気のない朝には、「元気MAX!爽やかMAX!」ってアニキみたいに言ってるよ。恥ずかしいけど、すぐ元気出るよ(笑)。

関連記事

  1. 好きなことだけして生きていく

    あと50年ずっと幸せすぎる僕の最近の口グセ

    最近よく言うようになった言葉がいくつかあります。なんか気がつい…

  2. コラム/エッセイ

    死にたいように死んだ川島なお美ちゃんありがとうね。

    今年ガンで亡くなった川島なお美さんの写真をテレビで見て、目が釘付けにな…

  3. 映画

    映画『HERO』感想/やっぱりヒロインは雨宮だ!誰だってヒーローになれるんだぜ!

     フジテレビの連日の宣伝攻勢にまんまとやられて、レイトショーで映画…

  4. コラム/エッセイ

    ぼくがいちばん好きな映画「駆込み女と駆出し男」をあらためてとことん語ってみるよ。

    いちばん好きな映画は何ですか?って訊かれていつも悩むのは、好きな作品が…

  5. 好きなことだけして生きていく

    そういえば、ブログ名変えてジェダイの修行していました。

    そうだそうだ忘れてた。今さらだけど、ブログ名を変更しました。…

  6. コラム/エッセイ

    トゥルー・ロマンスでブラピが住んでいた家に住みたかったんだ。

    映画『トゥルー・ロマンス』で、ブラッド・ピット演じるジャンキー…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ライフハック

    押し寿司みたいにぎゅうぎゅうな日常を、「ABCDEメソッド」で激変させてみた話。…
  2. コラム/エッセイ

    書斎とソファとストーブ猫。
  3. コラム/エッセイ

    世の中には弦楽四重奏曲をつくる人間もいれば、ブログをつくる人間もいる。[ 日刊C…
  4. コラム/エッセイ

    いちばん怖いのは、夢が叶うことなんだろ?『8 mile』
  5. デジタルツール/Webサービス

    レビューはもういらない。作家渾身の「書き出し」から本を選ぶ喜び。『kakidas…
PAGE TOP