コラム/エッセイ

RyoAnnaと僕のスタート地点

カリスマブロガー・RyoAnnaこと萩原涼介氏が電子書籍で初めての小説を出版したその日、僕は迷っていた。いや正確には、長年迷っていたことの答えが見つかったような気がして興奮していた。

かつての僕の人生は親父とおふくろ__なんて呼んだことは一度もないが__の価値観と刷り込みに支配されていた。いつも心の底には強烈な自己否定と欠乏感が澱のようにこびりついていて、毎日自分を責めて生きていた。

それからしばらくして幸いなことに僕はそんな心の呪縛から逃れ、人生はそもそも豊かであるという実感を得て、スタート地点に立つことができた。「僕は好きなことをやっていいんだ」というスタート地点に。

数年前のある日、RyoAnnaの書くブログの内容が唐突に変わった。iPhoneやガジェットなどのデジタル系の記事が次第に姿を消し、やや難解な書籍の書評やエッセイが目立つようになった。

記事の更新数も減ったし、内容も大衆向けではなくなったので、第一線から退いたのだと感じた読者も少なくないだろう。

僕はそのときRyoAnnaがスタート地点に立ったのだと思った。きっとこの人は自分が好きなことだけを書くことにしたのだろう。世間の需要に寄っていくのではなく、自分の好きなことが世界に共鳴していく道を選んだのだと、寂しさと期待と憧憬が入り混じった感情で見つめていた。

だからRyoAnnaが小説を出したというのを知ったときには、特別な喜びがあった。

敬愛する人が自分の好きなことだけを選んだ結果が小説というかたちで昇華した瞬間を眺めると、静かな喜びが湧きあがると同時に、大きな勇気をもらうのだった。

やっぱり、僕は僕のままでいいのだ。

RyoAnnaの小説を読みながら、僕はあらためてその思いを強く噛みしめて、ちょっとだけ目頭が熱くなった。いつだって、今日がスタート地点なのだ。

関連記事

  1. こころハック

    ある朝会社へ行ったら、涙があふれてとまらなくなった。【鬱日記1】

    その朝は突然やってきた。夏を告げる雨の季節。僕はいつものように庭で家…

  2. ライフハック

    腹八分にしておけば、胃袋のすき間に幸せがやってくる。

    象の神様は言った。「腹八分はささいなことに見えるかも分から…

  3. コラム/エッセイ

    ちいさこべえ〜〜〜

    『ちいさこべえ』を読むといつも、暮らし方がシンプルになる。…

  4. 映画

    大人の灰色の日常をワクワクの夏休みに戻してくれる映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』

    チビたちと映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』を見てきました。…

  5. コラム/エッセイ

    朝のニュースとステフィン・カリー

    今日は朝から雨が降っていて、登山が中止になったので、ブログでも書い…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


カテゴリー

月別の過去記事

  1. ライフハック

    大自然から帰ったら日常にパニック!
  2. 日刊・週刊

    [ 日刊CL*24 ] みんなが笑顔なのは、きっと僕が笑っているせいだ。2014…
  3. こころハック

    映画『インセプション』に見る心の鎖<トラウマ>の奥深さ
  4. 映画

    カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を小説とドラマと映画で楽しむ。
  5. こころハック

    「できない」自分を認めることは、諦めではなくスタートである。
PAGE TOP