ずっと家にいたら「幸せの青い鳥」は見つからない。

Photo 1430936084646 158d26ba98ff

『青い鳥』って童話あるじゃないですか。

チルチルとミチルの兄妹が「見つけると幸せになれる青い鳥」を探して旅に出るんだけど、結局見つからなくて疲れきって家に帰ってくると、青い鳥は自分ちの鳥かごの中に最初からいたよー!っていうお話。

「大切なものはもうすでに持ってるよー!気づけよー!志村後ろー!」っていう教訓ですね。

これよく「心の在り方」でもする話じゃんね。
不安なのは「ない」ばかり見ているから、とか。
すでに「持っている」って気づけば幸せになれる、とか。

でもね、チルチルとミチルが一見無駄な旅に出たように、やっぱり家とか日常とかから物理的にも精神的にも離れてみないと、青い鳥って見えないんですよね。

「お金が無くて困っている」っていう相談者さんに、僕が「でもあなたは持ち家があるし、保険もしっかり入ってるし、愛する奥さんも子どもたちもいますよね?」って言っても、「でもお金が無いんです!」って盲目状態なのは、頭が日常にこびりついてしまってるんですね。

やっぱそういうときに一番効果的なのは、チルチルミチルのように旅に出ることです。比喩ではなく、旅行に行きましょう。

できれば一人で。誰かと一緒だと日常から離れないから。
できるだけ長く。短いと日常がついてくるから。
いつもと違う場所へ。非日常が大事だから。

なんて条件を挙げていくとハードルが高くなっちゃうけど、短期間でもいいから日常から離れるってホント大事ですよ。僕は「自分の真ん中に戻る」って言ってますけどね。

この前のキャンプでも、家族と一緒だったし二泊三日だったけど、家に帰ったら青い鳥がそこら中にいましたからね。「やっぱり我が家が一番!」ってセリフもそういうことです。

旅に出るのがムズカシイ人は、いつも行かないお店でお茶してみたり、いつも降りない駅で降りて歩いてみるだけでも、ちょっとビックリするほど効果があると思う。

さて僕は夏の終わりにバイクで四国方面へ行くことにしますよ。あっちの方でオススメの場所とかあったら教えてくださいね。

「好きなことだけして生きていく」ためのヒントをお届けするLINE@はこちら。⇒https://line.me/ti/p/%40zgy4263y