歳をとってから後悔しないために、体験にお金をかけよう!

ZK5VY7KUF4

ネット社会で一番危ないのが、情報を鵜呑みにして知ったつもりになっちゃうことです。

行ったことない外国の街に、ネットの写真やレビューを見て行ったつもりになったり、使ったこともないAppleWatchを、ネットの噂だけから判断して批判してみたり。

先日こんな記事が目に入って、これからは「体験にお金をかけなかった」ら絶対後悔するな、ってあらためて思ったんです。

▶ 歳をとってから後悔・・・。30代でやらなければ良かった「10のコト」 | TABI LABO

ビックラこいて目を輝かせてナンボ

Nomad

僕は昨年、フィールアースというアウトドアイベントに出かけて、ビックラこきました。

北軽井沢の山奥にこんなにたくさんの人が集まって、見たこともないおしゃれなテントでBBQをして2泊もしながら、朝から晩までイベントを楽しんでるなんて!こういう人たちふだんどこに生息してるの?!

数年前に初めてキャンプをしたときもそう。

テントってこんなに外の音が聞こえるの?!こんなゴツゴツした地面で寝るの?!

えっ!夜が黒すぎて何も見えないよ!

あれだけ心地よかった川のせせらぎが、夜にはこんな轟音に聞こえるの?!

森の朝ってどうしてこんなに気持ちが落ちつくの?!

もう、驚きの連続でした。

そういう感動は、自分自身が感じること。ネットには、僕の「感動どころ」は書いてない。他人が感じたことだけ。共感はあっても、感情が揺さぶられるほどじゃない。情報としての知識が増えただけだから。「体験」してないんだから

逆に、ネットですげー賞賛されてるラーメンを食べに行ったら、たいしてうまくなかったとか。

「知ったか野郎」になりやすい世の中

4AF5334883

僕らは、膨大な情報を無料で手に入れることができるようになった代わりに、人類総「知ったか野郎」化が始まってます。

ウソかホントかわからない情報はちゃっちゃと取捨選択して、とにかく外に出ましょうよ。体験にお金をかけて、自分で感じた興奮と、クソみたいな失敗を蓄えようよ。それが人生じゃないか。

キャンプグッズを買い揃えるのはちょっと大変だけど、買っちゃえばずっと使えるんだから。

外に出なくてもいいんだけどね、面白そうなガジェット買ったり、自分でステーキをおいしく焼いてみたり、家にいたってリアルな体験はできますから。

寺山修司は「書を捨てよ、町へ出よう」と言ったけど、僕らは、ネットは捨てずに、体で味わいましょうそうしましょう。この素敵な人生を。

▶「キャンプ/アウトドア」記事一覧

アウトドア&スポーツ ナチュラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です