四年後のW杯を僕はどこで見ているだろう?[ 週間CL*8 ] 2014/06/08

Brazil 2 x 2 England
Brazil 2 x 2 England / Digo_Souza
W杯の季節がくると、人生を振り返ってみたりする。

四年前の前回大会の頃は、今と同じ家に住んで同じ会社で働いていたので、よく憶えてる。 圭佑が南アフリカで無回転フリーキックを決めたのは、つい先日のことのようだ。

その前のドイツはあんまり覚えていない。 八年前と言ったら、茅ヶ崎に越してきたばかりの頃だろうか。あの頃は新天地での新しい人生のはじまりに心を踊らせて、サッカーを見ている暇なんかなかったのかもしれないな。

その前はと言うと、ええと、日韓大会か。 十二年前といえば、僕はまだ二十代で東京か埼玉らへんに住んでいたはずだ。 あの頃の僕は、十二年後の僕がこうして海辺の街に住んで、三人の子どもたちと暮らしながら、サッカーのことをブログに書いているだなんて夢にも思わなかっただろう。

その前はどこだっけ?ああフランスか。ヒデがまだ世界に注目される前、僕は二十代前半で、なんでもできると信じていた。

その前のアメリカ大会は、なぜか強烈に覚えてるんだ。 大学生になってはじめての独り暮らしの部屋。夜通し友だちと酒を飲んでから、明け方キックオフの決勝・ブラジル対イタリア戦を見た。

バッジョの痛恨のPK失敗で幕を閉じた大会は、僕にとって特にセンセーショナルな話題があったわけではない。

けれどあの煙草の煙にむせぶ六畳ワンルームに差しこむ強烈な朝陽と、ピッチにくずおれる青いユニフォームの残像が、なぜかとても眩しく脳裡に焼きついている。

あれはちょうど二十年前なのか。ぼくも年をとったものだ。

とは言っても、まだまだ半生を振り返るような歳でもない。そして今の僕は過去のどの僕よりも全力で毎日を走り抜けている。

今週からはじまるブラジル大会も楽しみだが、四年後のロシア大会のときに、僕や僕の家族が、どこでどんな顔して暮らしているのかな、と想像すると、妙にワクワクしてくるのである。

2014年6月8日午後6時30分。リビングのソファにて。夕方はまだ涼しいね。今日はお風呂に浸かりながらiPhoneでこれを書いてみた。技術やノウハウも大事だけど、まずはフリックの鍛錬が必要だね。

「僕と、僕らの毎日」

今週の更新記事

ブラジルW杯情報はこれ一本で!iPhoneアプリ『日経W杯2014』でサッカー漬けの毎日を。 | CLOCK LIFE*

僕らの疲れた心を癒やす南国の音色。カンカラ三線を知っていますか? | CLOCK LIFE*

根性なしの僕がはじめて見た限界の向こう側。 | CLOCK LIFE*

自宅で簡単!コストコ食材でささっとできる本格絶品タコスの作り方 | CLOCK LIFE*

ポップでカワイイ沖縄楽器!「カンカラ三線」が我が家にやってきた! | CLOCK LIFE*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です