茅ヶ崎に風が吹いてた。

Tag: 映画

ウッディの内なる声。

ちょうど、映画館のポップコーンの列に並び…

二十二年後のタイタニック。

今から二十二年前に『タイタニック』という…

どんなカードが配られても。

ひさーしぶりに映画『タイタニック』を見て…

何者でもない、アクアマン。

カール・ドロゴが海底人になったっていうん…

それは人類ではなくボクの一歩。__ファースト・マン

ハンマーで脳髄をぶん殴られるような衝撃だ…

芥子色の殺人鬼 〜 『ゾディアック』デビッド・フィンチャー

デビッド・フィンチャーにハズレなし、である。

キューブリックの投げた骨。IMAXと『2001年宇宙の旅』

ノーランとかイニャリトゥとかチャゼルとか、エンタメと芸術性をうまく融合させた映画作家にその志は引き継がれ進化しているとも言えるけれど、これだけの〈間〉を取る映画は、もう生まれることはないだろう。

許されざる僕らは誰に許されないのか。クリント・イーストウッドってものすごくないですか?

この人の映画に一貫しているテーマが、〈贖罪〉なんですね。パターンはいろいろあるけれど、誰かを傷つけたり、傷つけられたりした人たちが、その心の傷と罪を背負って、苦しみながら、罪を償おうと足掻いてく。

まどろんだ午後のロードショーで。

よく考えたらタイトルが『カメラを止めるな!』で、キャッチコピーが「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる」ですからね、そりゃカメラを意識しちゃうし、「終わったと思っても何かあるんだなきっと!」ってなるでしょう。

狂気ドバドバ。中村文則『銃』映画化は2018年11月公開。『百円の恋』の武監督。

原作スゲえよかったですからね。アリスちゃんとリリーさん出てるならもうオッケー!

ニンニク側の罪人

キムタクの映画、ではなくて、映画にキムタ…

青の洞窟をあきらめて。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ⑤

堂ヶ島クルーズができなかったのは残念だったけれど、秘密の場所めいた浮島海岸の美しい海は最高だった。

西伊豆の海空森を撮り歩く。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ④

いしい食堂でお昼を食べて、人のいない岩場で小魚たちと戯れた後は、パパ一人で一眼レフを引っさげて散歩へ出かけた。なにしろ四方八方どこを見ても、青々とした夏の空に透明の輝く海、眩しい緑が溢れているんだもの。

聞こえるのは海の律動と自分の呼吸音だけ。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ③

波がなく、他に人もおらず、ただただ海の生き物が集まってきて、聞こえるのは海の律動とシュノーケルを通した自分の呼吸の音だけになると、現実感が喪われていく。ただ浮かんで、ただ眺めて、何も考えないひととき。言葉にならないって、こういうことか。

非日常のマーメイド・ラグーン。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ②

茅ヶ崎から数時間でいける伊豆に、こんなに美しい海があって、シュノーケルやライフ・ジャケットというちょっとした道具を用意しただけで、こんな美しい体験ができるなんて。

秘密の入り江、『真夏の方程式』の民宿へ。竜さんちの西伊豆旅2018夏 ①

「ただただ綺麗な海でシュノーケリングをしたい」という長女の希望に沿って伊豆方面を調べていたら、海から歩いてすぐの場所に、大衆的で味のある民宿を見つけた。岩場に囲まれたこぢんまりとした美しい湾に、沖縄みたいにクリアな水が寄せている。さらに調べてみると、ある映画のロケ地として使われたところだという。

スクリーン・スレイヴァーと猫。

『インクレディブル・ファミリー』というアニメ映画に、スクリーン・スレイヴァーという名の不気味なヴィラン(悪役)が出てくる。

痛くても、戦いたい。

戦ったっていい、よね。自分のために、痛いけど、戦う。痛みから逃れるために、これ以上痛みを味あわないために戦うんじゃなくて、痛くても、自分の道を歩く。

捨てたんじゃないよ。拾ったんだよ。誰かが捨てたものを。万引き家族

『万引き家族』は、〈鏡〉みたいな映画だっ…

大人のファンタジーにハマる!Amazonプライムのオススメ映画&ドラマ〈2018春〉

Amazonプライムで見られるおいらのオ…

子どもだったすべてのおっさんへ、スピルバーグからのプレゼント。

予告映像見て、こりゃIMAX 3Dで見な…

マザコンは嫁に食われろ。

ヒッチコックの『サイコ』っていう映画を、…

元気もらってバラ色に。

中学生の頃大好きで何度も見ていた『摩天楼…

ストーカーも放火魔も僕もあなたもふつうに電車に乗っている。

「だれかの木琴」って映画、ぶっ飛んでてよ…

『最後のジェダイ』の光と闇。

14歳の俺と42歳の俺が昂奮した。 『最…

めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。

『ぐるりのこと。』 刺さったねこりゃ。俺…

左富士とリップヴァンウィンクルの花嫁|なんでもないような日。2017/11/02

午後は仕事のつづきもしたいし、身体も動か…

タルトとブレードランナーとCD|なんでもないような日。2017/11/01

午前中は家で仕事して、午後から映画を見に…

近未来。やまない雨。荒廃した街。カオス。アジアの貧民。アナログなデジタル機器。外れた未来予想。

『ブレードランナー2049』が公開される…

アウトレイジじゃないほうのたけしが書く『アナログ』な純愛。

北野武監督が、『アウトレイジ 最終章』の…

スカーレットに腹立ってた俺。

スゲえオモロイ! さっきね、4年くらい前…

悪人も俺もあんたも、死んだらハイさいなら。北野監督が描きつづける「死」ってやつについて。『アウトレイジ 最終章』

『アウトレイジ 最終章』の感想? そんな…

人は「よりどころ」がなければ生きていけない。『ユリゴコロ』

最近、予告編を裏切る映画が多いんだよ。 …

いちばん怖いのは、夢が叶うことなんだろ?『8 mile』

『8 mile』って、世界的ラッパー・エ…

口が臭くてホームシアターを持ってないあなたを、内心、下に見ているって話。

▲(顔に自分の顔を映すホーム・プロジェク…

俺たちは「言葉」に惑わされ「概念」に縛りつけられている。大事なものを手放せ。『散歩する侵略者』

『散歩する侵略者』っていう映画、ちょっと…

大丈夫だからケンカしちゃえよマザフォカ!『ストレイト・アウタ・コンプトン』

『beats』っていうヘッドフォンがある…

『エイリアン:コヴェナント』はあの頃のティーンエイジャーたちを今も熱くする。

正直、俺たちの青春時代にぶっ飛んでたあの…

100インチ大画面で映画見てゲームやって廃人まっしぐら。エプソンのホームプロジェクターのガチレビューと設置あれこれ。

プロジェクターを買って、念願のホームシア…

『ダンケルク』に生きる力をもらう。

クリストファー・ノーランって映画監督知っ…

人生に後悔はないと言ったイヴォンじいさんが大切にした ”この瞬間” はハマグリの煮汁__『180° SOUTH』

さっき、ひさしぶりに『180° SOUT…

楽しいことも哀しいことも半分ずつあるのに、どうしたら楽しいことだけ増やせるんだろう?

山登りに興味が出てきたので、ひさしぶりに…

ぼくがいちばん好きな映画「駆込み女と駆出し男」をあらためてとことん語ってみるよ。

いちばん好きな映画は何ですか?って訊かれ…

ぼくらはいつも古き良き時代を求めるのだとしたら___『ミッドナイト・イン・パリ』

(だいぶ前に書いた記事なんだけども……)…

相手が見ている世界を想像すること__映画『メッセージ』から届いたメッセージ

いつも言うんだけど、いい映画っていうのは…

人生はままならないラブソングよ。いつまでも映画で女を抱きつづけるウディ・アレンの『カフェ・ソサエティ』

いやあ、最高のラストだったなあ。 人生は…

新宿鮫を求めて……。

大沢在昌さんのハードボイルド小説『新宿鮫…

クズなぼくは永遠に言い訳をして生きていく。

西川美和さんの作品がいつも仄暗(ほのぐら…

2012年に僕の心をわしづかみにした映画 BEST6☆ #2012movie

2012年に僕が観た映画BEST6を紹介…

劇場へ行く前にネットで映画のチケットを予約する方法

映画大好き@RyuNagayamaです。…

まさにQ展開!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が予想以上にヤヴァかった話(後半ネタバレあり)

本日(2012年11月17日)公開の『ヱ…

【映画放談】『LOVE LETTER (1995) 』寒さの中にこそあたたかさがある。失われた時を求めて。岩井俊二監督の長編デビュー作。

Love Letter [DVD] po…

【映画放談】『生きる(1952)』やろうと思えばなんだってできる。僕にだって、あなたにだって。黒澤明からのメッセージ。

生きる [DVD] posted wit…

映画見放題のhuluもApple TVも知らないって?ならば説明しましょう。

映画大好き@RyuNagayamaです。…

【映画放談】『クラッシュ(2004)』いつまでも心に残る、痛みの先にあるあたたかさ。

ネタバレ注意!映画について言いたいことを…

【映画放談】『ヒミズ』住田がんばれ!俺もがんばる!原作に一滴の希望を落とした映画版。

ネタバレ注意!映画について言いたいことを…

【映画放談】『モテキ』(2011) ビッチな長澤まさみという天使を見た!

ネタバレ注意!映画について言いたいことを…

映画を毎日観られる?TSUTAYAがDVD旧作レンタルを100円に値下げ!

映画少年の強い味方『TSUTAYA』が、…

© 2019 茅ヶ崎に風が吹いてた。. Theme by Anders Norén.